だっくくろっく

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
広島大学留学生交流グループからの依頼
広島大学留学生交流グループからの依頼
 私は広大の留学プログラムでネバタ大学リノ校の英語教育を初めて受けます。ただし、大学の授業を受ける人は毎年何人かいます。広島大学の方から来年度の新留学生のために授業や単位の事について質問を受けました。
 改めに私がこの留学プログラムを受けた初めての人なんだな~と感じました。開拓者は色々と問題や失敗がつきものですね。また、それだけ得られるものが多いと思います。

 今日は私の通う学校と授業について、メールで回答したものを中心にブログを書こうと思います。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(1)クラスについて
オリエンテーションの日にクラス分けテストを受けて四つのレベルに分けられます。エッセイを書く、資料の集め方、パラグラフを書く、英語の挨拶を学ぶ、というようにそれぞれ目標があります。すべての授業はこのIELCを終了後に大学の講義を受けるために作られています。

(2)授業について
IELC以外の留学生の話を聞くと専門の授業は専門性が強すぎて本当に英語の力が付いているのかわからない。という話をよく聞きます。しかし、私の授業は、日本の英語教育では教えて貰えない読み書き、聞き取りを徹底的に教えてくれます。例えば、エッセイの書き方、プレゼンテーションの方法と実際に行なう、大学の授業のメモの取り方、アメリカの伝統や文化を学んだりします。

(3)単位と大学の授業について
初めのセメスターは英語のみ(ただし、上位2つのクラスはビジネス、文学、歴史などのクラスが1つ取れます。それが広大の単位の専門科目の単位あるいは総合科目の単位として取り入れられるか私には分かりません。)
上位2つのクラスを好成績でそのセメスターを終えると、来セメスターでUNR(ネバタ大学リノ校)の授業を取ることが出来ます。この制度によって、広島大学から来るHUSAと同じように大学の授業を受けて単位を取ることが出来ます。単位の扱いも正規留学生と同じです。

(4)その他について
IELCの先生は、優秀な先生方で丁寧に英語を教えてくれます。また沢山の宿題を毎日与えてくれます。また、様々な行事を企画してくれます。ハロウィンや感謝祭やクリスマスなど。
他国から来る留学生と仲良くなれる可能性が高いのはIELCだと思います。私はアジア系だけでなく南米や東ヨーロッパなどの友達ができました。英語を覚えるのに一番よい効率は友達と話すことだと思います。

USACのボスであるスジーさん家に夕食を招待された時、これから私のようなUSACの人が増えてIELCで英語を勉強する広島大学の生徒が増えたらよいですね。とスジーさんは話していました。大学の授業について行くのは難しいかもしれないけど、留学したい、海外で英語を学びたいという広大生の生徒は是非ネバダ大学リノ校に留学するとよいと、私は思います。
日本の法政大学2年の生徒十数名が9月から12月までIELCで学んでいます。この人たちは留学のプログラムで来ているらしく、毎年十数名の法政大学の生徒が来るそうです。彼らは4年で卒業できると聞きました。広島大学も彼らと同じように4年で卒業できるようになればよいですね。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 これから毎年たくさんの広大の生徒がネバダ大学リノに留学して貴重な体験をすることを願っています。そのためにも私がこのリノで成功する必要があるでしょう。責任が重いな。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/02 16:27】 | Class | TrackBack(0) | Comment(2) |
<< 日本とアメリカのお店のお酒の違いについて * Home * 記念コイン>>
Comment
きのう、うちのアメリカンフットボール部がいつもお世話になっている中国新聞で、留学生やアラビア語教室の先生など、いろんな国の方が集まってのパーティーがあり、僕も呼ばれました。
そこで、なんとネバダ州から来たという留学生が!しかもリノでした。
でも、リノに行った僕の友達の大浜晶生君を知っていますか?と聞いてみたところ、残念ながら知りませんでした。
イングランドとオーストラリアから来た留学生の友達と一緒で、みんな音楽が好きで、すごくギターがうまくて感動しました。
彼らはRed Hot Chili PeppersとBeatlesの曲を演奏してくれ、僕はMarroon5の曲と、Stand By Meを唄いました。非常に盛り上がりました!
国を越えてわかりあえる、楽しめる音楽とはやはりすばらしいもので、僕は本当にギターができてよかったと思いました!

スポーツもまた国境を越えるので、大浜君もぜひバレーで!がんばってね!
【2005/12/05 12:41】 URL | みやざき #4A6q7cVk[ 編集]
 きっとこの留学生は9月から広大に留学している人だと思います。私とはすれ違いで、私のことを知らない。そして、私もその人を知らない。でも6月に私が広島に帰ったら会えるだろうな~。
 アメリカに来て、ギターやピアノが演奏できる人が多いのに驚きました。歌って時々楽しい話をする。こんな特技があったらいいな~。と思うのですが、、、
私には難しいですね。
【2005/12/06 09:21】 URL | hama #-[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://hama0705.blog19.fc2.com/tb.php/99-c64a2a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。