だっくくろっく

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
講義は実験?
講義は実験?
   一番易しい物理の授業を取ったため、教授は実験を用いて公式を説明する。そのため、物理の教え方について非常に勉強になりました。
 
   授業の内容は、日本の高校で学ぶ程度のレベル。微積を使わずに問題を解いていきます。計算がラクです。

   日本の高校でこれくらい実験を使った授業を行うと、物理嫌いの人が減りそう。先生が少しだけ実験を見せるだけで理解度は断然変わることを実感。

   法則や原理の計算中心の授業は楽しくない。大概、単位やちょっとした計算で間違い、点数を引かれ、赤点を取る。嫌いになるのは、当然です。

しかも
   どの研究者も物理の問題集で計算を学んできた人はいない。実験の中でいくらでも法則を使った計算をする。法則を発見してきた多くの研究者は、実験をする中で計算をしてきた。

   公式や法則の記憶は、紙の上で受動的に勉強するより能動的に実験する時のほうが長い。

   なぜ、実験の多い授業が行われないかといえば、
・大学受験というペーパー試験
・実験による費用が高い
・先生があまり物理をしらない

   ペーパー試験が出来る人が成功するとは限らない。
よく国別の小学生や中学生の試験結果を聞きますが、本当の「生きる力」に関係ない。そろそろ変える時期に来た。

   実験器具は実用度が低いため高いが、それだけお金をかける意味はある。日本は、資源や財産があるわけではない。知識をお金に換える国。そのような所でケチっては日本の将来は危うい。

   多くの先生が授業を改善しようとしていない。授業を変える事は勇気と時間が必要。人間は進歩するもの。あと、大学の先生の卵たちは遊びすぎ。

その点、
アメリカの授業は生徒主体で動くと感じた。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/07/14 08:45】 | physics in UNR | TrackBack(0) | Comment(1) |
<<日本に住みたい異国人増加 * Home * 期末テスト>>
Comment
そうよねー、ペーパーテストの結果が良いだけじゃだめよね。生きる力。この言葉は、3年後期の教職の授業で習ったよ。実際、今の日本でも生きる力(実践的な能力)の育成に力を入れだしたらしく、今は中学とかに「総合的な学習の時間」ってのを入れて、生きる力を育ててるらしいよ。で、その実践的な力を試すテストを世界で実施したらしいんだけど、日本は一応2位なんだって。確か一位はスウェーデンとかやったような・・・。だから、俺が思うには、日本では義務教育とかでは生きる力を育成できてるけど、大学とかでは、んーっていった感じなんかナー。だから政治家とか。。。
【2006/07/14 10:28】 URL | 波多陽区 #sSHoJftA[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://hama0705.blog19.fc2.com/tb.php/166-b70006fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。