だっくくろっく

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
さらにガソリンが上がる可能性あり
さらにガソリンが上がる可能性あり
2006年4月21日NY原油取引でバレル一時75.35ドルを記録。(1バレル=159リットル)
ちなみに2002年夏バレル20ドルで取引されていました。
この3,4年で3倍以上になった。一体何が起きたのだろうか?

1.ハリケーン「カトリーナ」の影響
2.中東情勢
3.中国・インドの発展

この3つが大きく上げられます。

1.ハリケーン「カトリーナ」の影響
アメリカ国内で、メキシコ湾とアラスカで原油を採取する。
その中でも、メキシコ湾の採掘量はかなりの割合を占めていた。しかし、
昨年2005年秋にルイジアナ州を襲ったハリケーンの被害で、石油精製施設が稼動していません。
そのため、海外の原油に頼らざる終えません。
半年以上経った今でもハリケーンの影響が続いている事を考えたら物凄い被害だったことがうかがえる。

2.中東情勢
アメリカ国内の原油に頼れない以上、海外から輸入しなければなりません。
どのような国が原油を埋蔵しているかと言うと、
++国別原油の埋蔵量++
1.サウジアラビア
2.カナダ
3.イラク
4.アラブ首長国連邦
5.クウェート
6.イラン
7.ベネズエラ
8.ロシア
9.リビア
10.ナイジェリア
++(Wikipediaより)++赤い国は中東です。
今の中東情勢を見たら、安定して原油を輸入できそうに無いです。
イラクはあちこちでテロ活動。イランは核開発を独自に進め、
OPEC参加国は、価格を調整しようとする。
あまり海外の原油に頼ることができなくて原油価格が上昇。
さらに追い討ちをかけるように、発展途上国の原油の使用量増加があげられる。

3.中国・インドの発展
2004年の中国の原油輸入量は日本や韓国を抜いて世界第2位。
2010~20年にはアメリカを退いて世界第2位になると推測される。
また、インドの経済も物凄い成長を遂げる。
中国が一人っ子政策で人口抑制しているのに対してインドは全く人口抑制をしていない。
この事を考えれば、インドの原油消費量は中国を抜く可能性を秘めている。
そんな国際情勢で、アメリカの原油取引価格が急上した。
原油専門家によれば、1バレル当たり100ドルも遠くない。

対策として、
新しいエネルギー開発が考えられるが、難しいのが現実問題。
まずは、一人ひとりが資源のムダ使いをやめ、節約に勤める事である。
一日どれくらいの原油や石油を使っているか考えてみよう。

++豆知識++
英語のバーレルは樽の意味で、ドラム缶普及以前は樽に入れて運ばれていた名残である。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/04/25 12:53】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(1) |
<<図書館停電。 * Home * タイムライテング>>
Comment
ちなみに下見街道にあるガソリンスタンドでは、おとといまでレギュラー128円だったのが昨日132円になってました。5月にはもう1~2円上がるそうです。
日本では一週間ほど前のコスモ石油製油所爆発と、国内での不安も若干・・・

そしてこの前ゼミで伊賀先生に、メタンハイドレートというものの存在を教えてもらいました。
【2006/04/25 23:14】 URL | Ishida #-[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://hama0705.blog19.fc2.com/tb.php/152-1e65886a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。