だっくくろっく

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ジェネレーションギャップを感じた地理の試験
ジェネレーションギャップを感じた地理の試験
地理は、第五の理科の科目と呼ばれるくらい科学的な情報をよく使う
二次試験で理科として受けられる大学が一部であるほどです。
ここ数年必ず環境問題が出題され、現代の社会事情をうかがうことができる。

以前は、先進国の問題がよく出題されたが、ここ数年
南アメリカ、アジア、アフリカなどの発展途上国の問題が多く出題。

問題についても若干の変化がある。
国名から、
その国が海に面しているのか、山に囲まれているのか
などマップを思い浮かべなければならない。
質問内容も詳細に知らなければならない。
環境問題でこんな問題がありました。

ドイツは、自動車部品のリサイクルを推進して、都市部では自動車の規制をしている。
イギリスでは、急速な高齢化により、年金制度や住宅のバリアフリー化が進んでいる
ロシアでは、市場経済導入後、伝統的な暮らし方は見られなくなった。
リベリアでは、砂漠の拡大で伝統的な生活様式で砂漠化対策が進んでいる。

また、エルニーニョによる各国の影響や対策を問う問題もあり。

地理は古い知識や数値を詰め込むより、
山や海などの地理的要因から起こる災害を考え、各国がどのような対策をしているのか
どんな地域にどの資源が多く埋蔵されているのか
地図の読み取り
など生活に密着している問題を扱う。

今年の現役受験生は、週五日制なり新課程のカリキュラムと知った。
もう、私達の使っていた教科書の内容じゃないだなぁ~。
世代交代を感じさせる地理のテストでした。
受験当時の力は劣るが81点。

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/01/24 14:17】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(1) |
<<高校生生活復活 * Home * 国語の試験内容から国民性がわかる。>>
Comment
これ見てくれ~
http://blogs.yahoo.co.jp/begbiefromsaijo
http://blog.livedoor.jp/yamatyansan/

ところで地理81点すごいね!
【2006/01/24 20:55】 URL | みやざき #4A6q7cVk[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://hama0705.blog19.fc2.com/tb.php/115-c78b9647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。