だっくくろっく

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
英語
英語
私の受けた2003年と傾向が同じ。リスニング制作で忙しくて新しい問題が作れなかったと見える。
と思いきや、文法問題で前時詞やイディオムを問う問題が出てきて戸惑った。
さらに、高校時代よく先生が口癖のように言っていた
「必ず毎年センターでは関係代名詞か関係副詞は1題出題される。」
でも、関係代名詞も関係副詞もどちらも出題されなかった。

日本人が書く英文でやたらと関係代名詞を連呼する人がいる。しかし、
アメリカで英語を学習して、ネイティブはあまり関係代名詞を使わないことに気づく。
動名詞やTo不定詞で書くことが多い。

長文を読んでいて受験の時には気づかなかったが、よくここまで易しい単語で長文をつくるな~と感心してしまった。
難しく問題を作るのは、難しい単語やわけのわからない構文を使えばあっという間にできる。
結構苦労して問題を制作している。と受験時には全く考えなかったことを感じた。
この長文の内容は、アメリカの小学校高学年のレベルかな。

===文法問題はいつかなくなるのでしょうかね?===
留学のための試験TOEFL(この試験はアメリカが制作)では、文法問題がなくなりました。(コンピューター版のみ)
その代わりに、スピーキングが導入されました。
この背景には、「アメリカの大学からスピーキング能力の低い留学生が多い。」
という指摘からスピーキング試験を作り、文法能力は英作文とこのスピーキングから見ようとなったそうです。
つまり、もう文法のみ答えさせる能力なんかより英作文やスピーキングの時の文法の能力を方が必要。合理主義を求めるアメリカらしいと。

日本の文法問題が消える日がいつか来るのでしょうか?
消えても、数十年後でしょうけど、

===日本とアメリカでは、文法の教え方は全然違います。===

日本は、初めに先生がうんたらうんたら文法を説明します。
そして問題を繰り返し解く。

アメリカは、始めに英文を書かせ、ここの文法は正しくはこう書くのよ!と
他にも、このような例があります。と説明します。
初めに生徒自身が間違えてそして解説する。だれも間違えなかったらどうするって?
生徒は何十人もいるので必ず先生の思惑どおり間違える。

前者は初めに文法を頭にたたきこむ。
後者は間違いを指摘されながら徐々に身につける。

どっちの学習方法がよいのかは人それぞれでしょう。

文法と文の並び替え間違えて180点でした。
受験時にこれだけ取れていればよかったのですがね~。
あの時はこの半分くらいだったな~。
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

【2006/01/23 07:20】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(0) |
<<国語の試験内容から国民性がわかる。 * Home *  センター試験、英語リスニング>>
Comment
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://hama0705.blog19.fc2.com/tb.php/113-4ba2a50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。