だっくくろっく

カレンダー(月別)

11 ≪│2005/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
静かなクリスマス。
静かなクリスマス。
日本でも何度か聞いたことがあるクリスマスソングが町に流れる中、
クリスマスイヴやクリスマス当日は、町は静かだった。

日本だと、街中の大きなクリスマスツリーを見に行ったり、買い物したり、美味しいものを食べに行ったりするのでしょうが、
本場アメリカでは、家族そろってゆっくりする。
なんせ、ほとんどのお店はお休み。
空いているのは、観光関係の店、スキー場やカジノなど。
サンタの格好をしてケーキを売る人なんて一度も見ませんでした。
日本特有のクリスマスだな~と。
そして、企業の戦略にはまりすぎているなぁ~とも思った。

一年で働いている人の一番長い休みということで、(1週間)
家でのんびりしながらテレビを見るのでしょう。
テレビがいつもの違う番組を放送していました。まるで、日本の正月みたいに。
例えば「家族のハプニングビデオ」
クリスマスなどで起こった面白おかしいビデオを視聴者からもらうもの。

私は、いつもと変わらない一日でした。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/26 09:36】 | 休日Holiday | TrackBack(0) | Comment(0) |
成績を頂いた
成績を頂いた


 クラスメイト全員が集まって終了式に出た。
と言っても日本のように長い話があるわけでなく、
担当の先生から成績を頂き、少しコメントをもらう。

こういう集会には必ず、回りに飲み物とチップスが用意される。
日本だとお茶は出されても、ポテトチップスは出されないですよね。
お茶とチップスじゃ衣装がよくないのもあるね。

早速成績表を見ると
Reading: S+
Writing: S+
Speaking: S+
Listening: S+

Excellent
Satisfactory
Unsatisfactory
の順によい単位です。それに+、-がつくのです。
日本の成績表示と違うので、よい成績なのか実感が沸きません。

まぁ、ひとつ言える事は、中学高校のときの英語の成績よりは、断然よいということですね。
確か毎回「2」だった気がする。
そんな人でも留学して成績が取れるんですよ~。
と言うか、日本の英語の方が難しい。
だって日本語訳とかの問題、今でも解けないと思う。

英語の問題は英語で理解して英語で答えればいいと思うのに・・・

成績の良し悪しより、
最近英語の本を読んでも、すぐに諦めたり、飛ばし読みをしないようになった。
物理や化学や数学のテキストがすらすら読めるようになったことが何よりもうれしい。

帰国しても卒業できるようにこの冬に物理の復習をしなくちゃ!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/22 09:07】 | Class | TrackBack(0) | Comment(1) |
雪到来!
雪到来!
日本では記録的な雪が降っているそうですね。
地元名古屋では58年ぶりの大雪だそうだ。
ここリノ1218p1

でも寒い日が続き、家に帰る途中
息をすると気管が痛いほど・・・、
きっと氷点下10度くらいあっただろうか?

テレビを見ても気温の表示は35F。
これって何度?と。
表示が違うので、困りますね。
ちなみに35Fは0℃みたいです。
1218p2

そんな寒い日が続きついに雪が降りました。
朝すごく寒いな~と思ったら一面真っ白。
初めて茶色い土を見なかった。
きれいだな~と。
思わず、カメラを持って沢山の写真を撮った。
1218p4

雪を降らせるためには、湿った雲と雲を凍らせる低い気温が必要です。
ここリノは朝晩は氷点下まで下がるので条件を満たしていますが、
湿った雲は500キロ離れたカルフォルニアから来ます。
500キロと言うと、日本海と太平洋の日本列島の幅以上ある。
それまで乾かずに雲がリノまで来るとはすごいことだ、と感じた。

テレビの天気予報士によれば、ものすごい強い風、ジェットに乗って
雪雲を飛ばすみたいである。

ともあれ、この山に降る雪のおかげでリノの町が存続できるのであるから、やっかいだと思わずに感謝しようと思います。
1218p3



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/20 13:23】 | Reno | TrackBack(0) | Comment(0) |
授業終了
授業終了
長かった授業も13日で終わった。
多分も試験の結果も良好。これで次のレベルの授業が取れる。と
成績の結果は、19日月曜日にわかる。ちょっとドキドキ。

14日は、学校主催のランチを食べに行きました。
食べに行ったところはカジノのバフェ(食べ放題1300円)
日ごろ食べれないものを沢山食べて食べ過ぎました。
いつものことだけど。

この冬休み何しよっかな~。いつもと違うことをしようと考えてます。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/16 06:37】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
アイススケートにチャレンジ
アイススケートにチャレンジ
 最近、日本ではフィギュアスケートが人気がありますね。まぁ、自分で滑ってる人は少ないと思いますが。人気にのって、今日はスケートを体験しに行きました。

 リノのダウンタウンには、屋外のアイススケートリンクがあります。
冬休みの間だけ作られるリングです。ニュースでよくニューヨークのアイスリンクを見たことがあると思います。
あんな感じです。

 一日中滑って、アイススケートの靴を借りて7ドル(840円)
日本で1度行ったことがあるのですが、もっと高かった気がします。
 
 日本でスケートのイメージは、高級でなかなかとっつき難いですが、
アメリカは、子供からお年寄りまでみんな楽しんで滑っています。
なんな上手で驚きました。
 
 よく考えたら、日本ってあまりスポーツですね。
次の日、筋肉痛になり一日中お休みでした。年かな。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/13 13:35】 | Reno | TrackBack(0) | Comment(2) |
 30分間英語の教師をする試験
 30分間英語の教師をする試験
  英会話の授業で、2人1組で30分間英語の先生役をする試験がありました。試験と言うより能力試験ですね。これは、話す能力、聞く能力ともに試される効率のよい試験。そして、実際に授業して感じた事は、先生の大変さを知りました。

 会話の授業ということで、私たちは、なるべく話す時間を増やそうと、二人ペアになって話す時間を多く設けました。

 私とトルコ出身のUmu(ウム)の授業の内容は「バス旅行」です。
1.バス旅行にはPlan(計画)が必要。授業の初めに、アメリカの地図を渡して簡単な計画を作ってもらいます。


2.となりの人にその計画を話しもらう。
どこに行くのか?
何のため?観光、それとも出張ですか?
旅行場所で何するの?
誰と行くの?
など、

3.バスには沢山の時間がある。アメリカ人の多くは、バスを待つ時間やバスに乗っている間に知らない隣の人に話しかけます。そのことを[small talk]と言います。
教室をバスに見立てて、となりの人に話してもらいました。

ここで注意、small talkには、禁句があります。
年齢、給料、結婚の有無などは聞いてはいけないみたいです。日本でもいきなり会った人に、給料いくらとか、結婚してますか?と聞く事は失礼。日本もアメリカも同じということですね。
 一般的に、趣味、天気の話し、最近のニュースなどの話をします。


授業をした結果、
 先生の仕事は大変だと気づきました。理由は、うるさく授業を聞いてくれない生徒がいることやその日の授業にする内容を考えるのに、膨大の時間がかかる。なかなか思い通りに授業が進まないこと。

 なにはともあれ、無事に先生役を終えほっとしてます。一番の感想は今まで小学校から私は先生に迷惑をかける生徒だったなぁ~と気づきました。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/11 06:18】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
 初めて見た
 初めて見た
 水曜の夜、明日テストやプレゼンセーションがあったのですが、勉強の合間にバスケットの試合を見ました。試合開始前にK君にあって驚きました。相変わらず、K君でかいな~と思った。そして、市民に愛されているチームだな~と

 国家斉唱のときに観客みんなが総立ちで、帽子やコートを脱ぐのを見ると愛国心が強いんだな~と感じる。そして、何をしたらよいのか、ちょっと戸惑いますね。

 ネバタ大学のバスケは、去年全米の大学で16位になるほど強いのです。今年は6戦全勝で波に乗っています。でも、今日は開始3分を経っても両チーム得点が入らずにはらはらしていました。バスケットってこんなに点数が入らないものなのか、と思うくらい緊縛した3分間でした。

しかし、1本シュートが決まると、3ポイントや2ポイントが入るは入るは・・・あっという間に、15点差。やっぱり強すぎる。

 20点差がつくと5人スタメンメンバーを変えるほど余裕がある。それでも、点数の差が変わらないと事を見ると、選手層が厚いことがうかがわれる。
前半を15点差のリードで終え、ハーフタイム。チアリーダが組み体操していたなぁ~。3重の塔とか作っていました。あんなに動き回って疲れないかな~。あれが彼女たちに仕事だから~。

 後半5分についに人生で初めてアリループを見ました。物凄く離れたところから、選手がボールをなにげなく投げた。初めは入るはずないじゃん?と、一人の選手がそのボールをつかんでそのままダンクシュートを決めた。その瞬間、スタジアムは割れんばかりの観戦で鳥肌が立ちました。一瞬のすきをついたワンプレーで、見逃さなくて本当によかったです。今日バスケ見てよかった。と思えるくらいのプレーで感動しました。

 その後もワンサイドのゲームで最後は30差をつけてネバダ大学が勝利。
ゲーム後は、明日のテスト勉強を気持ちよくした~。バスケット見に行ってよかった。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/09 13:14】 | sports | TrackBack(0) | Comment(0) |
 残り1週間の授業と来期に向けてミーティング
 残り1週間の授業と来期に向けてミーティング
 あと一週間で授業も終わり、1ヶ月の冬休みに突入します。授業の方もテストが木曜日から始まります。でも、これと言って試験対策ができないのがアメリカの試験。今まで習ったことすべてが試験に出る。そして試験の点数が成績に繋がるかというと、あまり考慮されない。あくまでもその生徒がどこまで理解をしているか調査するだけのもの。きっと成績は、日々の授業で決まっているのだと思います。

 それでも、試験勉強をしなければならないのが、学生の務め。ということで、図書館が11時59分まで開いているので、それまで図書館で勉強して気づいたこと。
 アメリカ人の学生は、こんな遅くまで図書館使えて幸せだなぁ~。と
また多くの人が残って勉強していると思います。でも、少しうるさい。グループ発表や討論の宿題があるので、話し合いが必要な事は分かりますが、声がでかすぎる。もっと普通の声で話せないだろうか。動物園にいる状態です。でも、私にとって何を言っているのか理解できないので、さほど気になりません。

 今日は、帰国する人や続けて大学で勉強するか調査するミーティングがありました。
名前書いて、住所書いて、授業料の話をして・・・保険センターの費用を払う。え~。
この保険料が高いのですよ。半期に約6万円。
私はあの保健センターは絶対に使いたくないと考える人ですから。
なぜなら、友達が風邪で薬をもらいに行って、その薬を飲んでジンマシンが出たり、顔を赤くしたり、副作用が出ることを聞いたからです。また、日本の薬よりアメリカの物は数倍強い。これは広大に来た留学生の薬を一度飲んで経験したのでもう飲みたくない。
 保険センターを使わないので、払いたくないと言ったら、
「規則ですから」という返事が返ってきた。

 自由の国で自由が通用しなかった事は残念でした。
絶対に無駄な薬の出し方をしているに違いないですよ。薬の効き目を強くするからお金がかかるとか。最近日本は薬の数を減らす動きがあるからアメリカも見習って欲しいです。アメリカで保険料が払えなくて、ろくな治療をできずに亡くなる話を聞きます。高額な薬を減らして、庶民でも使える薬で多くの人を助ける医療になって欲しいです。日本も世界も。
 いらだちを隠せない保険料の支払いでした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/08 05:22】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(1) |
 誤訳を無くすために自分で英語を話す。
 誤訳を無くすために自分で英語を話す。
 シアトルマリナーズに所属する野球選手イチローが日本の新聞者に対してチームの状況を話しました。
「試合前に若い選手がカードゲームしている。練習を進んでしない選手がいる。」
これらは、事実で監督やベテラン選手も知っていること。
この次に書いてある事に、疑問を感じた。
「このようなチーム状況では勝てるわけがない!だから2年連続の最下位。」
チームの輪を乱したくないイチロー選手らしくない発言で何かおかしいな。と思っていました。

 この発言は、日本人の記者がアメリカの記者に話して、英語でシアトルの新聞に書かれたそうです。ここで問題が発生したのです。当然、アメリカの記者は日本語を理解できないので、日本の記者が英語に翻訳した。でも、イチロー選手の本当に伝えたかった内容は伝えられず、チームの最下位に対する愚痴という記事になってしまった。また、記事を書くときに本人の意見のように記事を書いてしまったところに失敗があった。

 このような通訳や和訳で自分の意見が正確に伝わない例をよく聞きます。このような誤解を防ぐためには、
その情報が誰に伝えるためなのか?
日本人、それともアメリカ人、イタリア人、フランス人。その都度、その伝えたい人に対して言葉を使い分ける必要がある。
 
その例として、サッカー選手の中田選手はイタリアでインタビューを受ける時は、必ずどこのTV局か、またどこに放送されるか聞き、日本語またはイタリア語で分けて話したそうです。今は、イングランドに活躍しているので、英語で話しているのでしょうか。

 何で英語を勉強しているのか?
きっとこのような誤解を無くして本当に心の底から友達になれるために英語を学んでいる。さらに、第二外国語でアジアや南米の人とも英語で話して友達になることができる。
これが、私が英語を学ぶ理由。

そんな事を考えさせる記事でした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/07 10:22】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(1) |
 日本とアメリカのお店のお酒の違いについて
 日本とアメリカのお店のお酒の違いについて
 土曜日にカジノのお店の中にあるバーに行きました。バーの中にピアノの生演奏やダンスあり日本の居酒屋とは全く違いますね。なんといっても、お酒を飲む時にかならずIDチェックがあること。IDカードを忘れたら、家まで取りに帰らなくて面倒くさいです。

 たった4杯で頭がくらくらして酔うなんて日本では信じられない。何かおかしいな~と思って理由を考えていました。
「アメリカに来て弱くなったのか?アルコールの体質が変化したのか?」
 酔った頭を使い一つの答えを出しました。アルコール度数が高いことに気づきました。そう、ウォッカ、ラム、テキーラの量がジュースの量に比べて多い。日本のお店で出てくるお酒がノンアルコールと思えるくらいアメリカのお酒は強すぎるよう。
 価格は若干日本の方が安い気がします。量の方は日本と同じですね。

 先生にアルコール度数が高い理由を聞くと、バーで酔っ払ってカジノでたくさんお金を使って欲しいというホテル側の狙いがあるそうです。あれだけ強かったら、日本人の場合、酔いつぶれてカジノをする余裕なんてないと思うのですが・・・
アメリカ人、特にドイツやイギリス系の出身の人は本当にお酒に強い。だからあんなに強いお酒を飲んでも、なかなか酔わないのだと思う。

 日本とアメリカではお酒も全然違うことを今回学んだ。もう、2杯ぐらいでいいな~。安上がりでうれしいですね。

 ビールについて、
 カクテルは強いのですが、アメリカのビールは、日本の辛口の味に比べて軽くて苦くないと思います。日本のビールより飲むやすいと思います。アルコール度数は変わらないので、日本の同程度の本数を飲むことができます。私にとってアメリカのビールは物足りない気がします。
1203p1

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/06 09:51】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(2) |
広島大学留学生交流グループからの依頼
広島大学留学生交流グループからの依頼
 私は広大の留学プログラムでネバタ大学リノ校の英語教育を初めて受けます。ただし、大学の授業を受ける人は毎年何人かいます。広島大学の方から来年度の新留学生のために授業や単位の事について質問を受けました。
 改めに私がこの留学プログラムを受けた初めての人なんだな~と感じました。開拓者は色々と問題や失敗がつきものですね。また、それだけ得られるものが多いと思います。

 今日は私の通う学校と授業について、メールで回答したものを中心にブログを書こうと思います。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(1)クラスについて
オリエンテーションの日にクラス分けテストを受けて四つのレベルに分けられます。エッセイを書く、資料の集め方、パラグラフを書く、英語の挨拶を学ぶ、というようにそれぞれ目標があります。すべての授業はこのIELCを終了後に大学の講義を受けるために作られています。

(2)授業について
IELC以外の留学生の話を聞くと専門の授業は専門性が強すぎて本当に英語の力が付いているのかわからない。という話をよく聞きます。しかし、私の授業は、日本の英語教育では教えて貰えない読み書き、聞き取りを徹底的に教えてくれます。例えば、エッセイの書き方、プレゼンテーションの方法と実際に行なう、大学の授業のメモの取り方、アメリカの伝統や文化を学んだりします。

(3)単位と大学の授業について
初めのセメスターは英語のみ(ただし、上位2つのクラスはビジネス、文学、歴史などのクラスが1つ取れます。それが広大の単位の専門科目の単位あるいは総合科目の単位として取り入れられるか私には分かりません。)
上位2つのクラスを好成績でそのセメスターを終えると、来セメスターでUNR(ネバタ大学リノ校)の授業を取ることが出来ます。この制度によって、広島大学から来るHUSAと同じように大学の授業を受けて単位を取ることが出来ます。単位の扱いも正規留学生と同じです。

(4)その他について
IELCの先生は、優秀な先生方で丁寧に英語を教えてくれます。また沢山の宿題を毎日与えてくれます。また、様々な行事を企画してくれます。ハロウィンや感謝祭やクリスマスなど。
他国から来る留学生と仲良くなれる可能性が高いのはIELCだと思います。私はアジア系だけでなく南米や東ヨーロッパなどの友達ができました。英語を覚えるのに一番よい効率は友達と話すことだと思います。

USACのボスであるスジーさん家に夕食を招待された時、これから私のようなUSACの人が増えてIELCで英語を勉強する広島大学の生徒が増えたらよいですね。とスジーさんは話していました。大学の授業について行くのは難しいかもしれないけど、留学したい、海外で英語を学びたいという広大生の生徒は是非ネバダ大学リノ校に留学するとよいと、私は思います。
日本の法政大学2年の生徒十数名が9月から12月までIELCで学んでいます。この人たちは留学のプログラムで来ているらしく、毎年十数名の法政大学の生徒が来るそうです。彼らは4年で卒業できると聞きました。広島大学も彼らと同じように4年で卒業できるようになればよいですね。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 これから毎年たくさんの広大の生徒がネバダ大学リノに留学して貴重な体験をすることを願っています。そのためにも私がこのリノで成功する必要があるでしょう。責任が重いな。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/02 16:27】 | Class | TrackBack(0) | Comment(2) |
記念コイン
記念コイン
  アメリカには毎年25セント(約30円)コインの記念コインを発行しています。その柄は、アメリカの州の特徴が描かれています。例えば、インディアナ州はレーシングカーの絵。ヴァージニア州はJamestownさん。この人がヨーロッパから船で初めてヴァージニアに来たからだそうです。私の住むネバタ州のコインは持っていないのですが、カジノの絵が書いてあるので想像できます。

これを見ているだけでアメリカの州の歴史がわかるのでおもしろい。出来るかぎり集めてみようと考えています。只今、記念コインは9枚。日本に帰る前に全部そろうと良いのですが・・・。
 あまり、現金使わずクレジットカードを使っているだけになかなかコインを手にする機会が少なく全部そろうか難しいところでしょう。
1130p1

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/01 14:28】 | Reno | TrackBack(0) | Comment(1) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。