だっくくろっく

カレンダー(月別)

10 ≪│2005/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
 冬の到来
 冬の到来
ついにダウンタウンに雪が降りました。ドライで熱い砂漠気候なのに、冬は寒くなりカルフォルニアの方から雪雲を運ばれ雪を降らせる。なんと住みにくい町なのか!ため息が出るばかりです。
1129p1

 でも、この冬に山に沢山の雪を降らせることで、私達の住むRenoが存続できる事を忘れてはいけない。夏はその雪解け水を使用して私達は生きている。でもね~、11月末に最低気温2,3℃は体に堪えます。これから3月までこんな天気と考えるとぞっとしてきました。5月に授業を終えて帰国することを考えたら、留学の時期を考えて欲しいです。
4月に始まり1月末に終わる日本がとてもうらやましいですね。2月はコタツで丸くなることが出来るから。コタツ欲しいな~。

 宿題で小説を毎日12~13ページ読まなければなりません。これがキツイのなんの!小説特有の細かい表現の単語が分からなくて、辞書を使い読むと2~3時間あっという間に過ぎてしまう。かと言って読む飛ばすと、次の日の授業で説明不足といわれる。

 毎日単語の意味を引くだけでちっとも覚えていない気がする。でも、単語を調べて単語カードに書くことの大切さはわかる。もっと重要な事はその単語を必死になって覚えようとする気持ちとその行動だと気づいた。今まで調べる時間を半分にして、単語の復習する時間を作ろうと思う。あきらめずに、必死に喰らい付こうと思う。そのために英語を学びにアメリカに来たから。

 小説を読んで気づいた事は、授業のテキストがすらすら読めるようになった気がする。すらすらは言い過ぎかもしれない、次に何が書いてあるか推測できるようになった。という表現が正しいかも。小説を読むと次の展開を予想する力がつく。特に英語の文章だと自分の知っている単語から、どんな世界なのか?誰が何をしたの?と考えながら読書するからだと思われる。先生はそれをこの小説から教えたかったのかな?
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/30 15:32】 | Reno | TrackBack(0) | Comment(0) |
To End All Wars
To End All Wars
1126p

 今日も映画。今回は見ていない人が多いと思います。
Argyll Film Partners MM II, ALL RIGHTS RESERVED より
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第2次世界大戦中、日本軍は次々にアジアを占拠。そんな中、マクリーン中佐率いる部隊は日本軍に捕らえられて、捕虜収容所に強制収容されてしまった。そこでは、ビルマのジャングル地帯を走る悪名高い“死の鉄道”の敷設工事のために、何百人という戦争捕虜たちが強制労働させられていた。

日本軍の虐待行為と劣悪な生活環境や飢えから、捕虜たちは精神的にも肉体的にも蝕まれ始めていった・・・。絶望的極限状態の中で、人間は“人間”として生き抜くことができるのだろうか!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 日本軍がいかに残虐・非道なことをしてきたか、をアメリカ・日本の双方の証言者から再現した映画です。その証言者を調べたところ、二人の人物を見つけました。アーネスト・ゴードン氏と永瀬隆です。

 この収容所を体験したゴードン氏は次のような事を「クワイ河収容所」という書物に書き残しています。
「日本人は自分たちとは違った独自の文化を持っている事を理解すべきである。日本人は(武士道)精神を持っているのだ。しかし、虐待を受けた連合軍が補償を要求するのももっともなことである。」 戦後、ゴードン氏は牧師になり世界を回ったそうです。

日本人の証言者の長瀬隆さんは、当時捕虜と指揮官の英語通訳として収容所で終戦まで勤務。そして次のようなコメントをしてます。
「この映画は体験者の語る真実です。戦争の残酷さを分かって欲しい」
また、過酷な労働や非道な残虐のために死亡した連合軍捕虜やアジア人労働者及び現地に放置された日本兵のための慰霊活動を現在も続けているそうです。

 よく武士道という言葉を聞きますが、実際に何が武士道なのか分からなかったので調べてみた。一般的に三つの時代分かれているみたいです。それは
・江戸以前
・明治時代
・軍国主事

共通している点を探したところ、次のような定義を見つけました。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
通常の概念では、君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位の者に仁慈を以てし、敵には憐みをかけ、私欲を忌み、公正を尊び、富貴よりも名誉を以て貴しとなす態度であるとされることが多い。さらにこれに、常在戦場を以て心構えとした武士の意識を重視して、日本特有の「死の美学」を付けくわえることもある
                              ウィキペディアより
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 私の一番知っている武士道は、
「君子のために命を捨てる事が出来る。
君子が亡くなれば、切腹する。」

 少し前に、なぜサムライは切腹をするのか?聞かれたことがありました。
私のこの武士道について話し、
「君子が亡くなれば、武士は生きる価値が無いのです。だから切腹する(腹切りする)」
と説明したのですが、自害する理由がまだ理解できないみたいです。それだけ、切腹するという行為が日本独特な習慣なんでしょう。この映画を見て、この映画を作った監督デビッド・L.カニンガムは武士道を理解したのかな?ちょっと聞いてみたい。

 武士道の次にこの映画で考えさせられた事は、第二次世界大戦で日本軍は大変すごい残忍非道な行動をしてきたんだな~。と
 捕虜を無理やり下等動物以下の扱いをしてジャングルに鉄道を作らせるなんて惨い事や日本軍が現地の売春婦を連れ込みさせる事や聖書を取り上げる光景や天皇の絶対服従させる所など、日本の映画業界には作れない作品だと思います。
日本の真珠湾攻撃を題材にしたパールハーバーより内容がしっかりしており、一度は見て戦争について考えて欲しいです。

テーマ:アメリカ留学 - ジャンル:海外情報

【2005/11/29 15:45】 | Movie映画 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Pay It Forward
Pay It Forward
1125p

昨日3,45ドルで買ったPay It Forwardを見ました。日本で見たことがあって内容は知っていました。音声を英語で字幕なしで映画を鑑賞してもっと英単語の勉強が必要と実感。

 映画を見て何より驚いた事は、このロケ地はわが州のネバタ州ではないか!!と気づいたことです。その理由は、前半に出てきた山の形と色、さらにあの独特の赤茶色の土が見えたから。土の色から地域が分かるようになったから、地層の研究でもしてみようかな。(笑)
さらに映画を見てみると、ラスベガスとわかった。私が一度ラスベガスに旅行した時に、ダウンタウンを歩き回り、町の建物を目に焼き付けた。その建物や風景を映画で出てきてびっくりしました。

 今まで想像の世界でしかなかった映画、それが旅行することで映画の映像は現実に存在する風景と実感した。アメリカ映画は外の実際の風景を撮ることが比較的に多いと思う。

 ネバタ州ってどんな所と知りたい人はPay It Forwardを見ましょう。
砂っぽくて乾燥していて生活しにくいところです。映画ではちょっと危ない子供たちが多くいました。ラスベガスはどうかわかりませんが、リノの子供たちは銃やナイフ持ってませんよ。

映画のコメントは、難しく私にはできないので省略。
一つだけ私の意見を。

社会科の先生が生徒に次のような宿題を与えました。
Think of an idea to change our world-----and out it into Action
世界を変えるアイデアを考えなさい。そしてそれを実践してください。

 私がこの授業を受けていたら、う~~ん、こう答えました。

「もし、平和な世界に変えたいと願いなら、自分自身を変えなければならない。初めに自分自身の変えたい事や夢を紙に書き、それを叶える為に努力をします。次にあなたの周りの友達にこの方法を教えます。そして身近な環境、地域、国、そして最後に世界が変わると思います。」
 でも、ここまで考える子供がいたら怖い気がします。
 アメリカの中学校ではこのような課題を出す先生が多いみたいです。一般的に答えが一つではない課題です。中学生には、様々な回答を作る練習をしたらよいと思います。自由な発想を持っている最後の時期だったような気がします。今の日本の教育はどうなんでしょうね。

 最後に、この映画を見て感動してくださいな~。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/29 14:20】 | Movie映画 | TrackBack(0) | Comment(0) |
ショッピングの日
ショッピングの日
 朝開店7時から行こうと考えていたのですが、寝坊して8時に起きました。それでもそれからすぐに支度してバスに乗りお店に行きました。今まで見たことの無い駐車中の車を見て、これが一年で一番混む日なんだなあ~と思いました。

 モールの中は人がいっぱいでさらに驚きました。服屋も靴屋もどこも人で込み合っていた。冬服を全くもって着てないので(なんせ小さいスーツケース一つでアメリカに来ましたから。)この時に購入しよう!と思い2着購入。服を買うなんて久しぶりだな~。日本と違い服を並ぶのが簡単か?と思いきや、私ぐらいの身長が多い関係で売り切れる事が多く、小さめの服か大きめの服を買うことになりました。

 次に、ゲームショップ。日本ではゲームと言えば大学生までくらいがするものですが、アメリカはいわゆるいいおじさんがゲームを買うのに文化の違いを感じた。そうそう、アメリカでは、マイクロソフトが満を期して送り込む次世代ゲーム機xbox360が発売されていた。

 このネーミングに問題があると思う。360度回転しても元に戻るのでは・・・つまり、失敗したxboxの二の舞になるのでは。まぁ、先の事はわかりませんが・・・PC分野でマイクロソフトは儲けているから、ゲームくらいは日本のメーカーにがんばってもらいたいですね。

 それにしても、日本のメーカーが作るゲームソフトがアメリカの方が安いのはどうしてだ?やっぱり世界一物価が高い国日本なのかな。そのうち、日本に誰も来て貰えなくなるよ~~。アメリカの物は何でも安い。大量生産、大量消費の国ですね。ムダも多いのが現実ですが。。。

 次にいったお店はBEST BUY。日本で言う電気量販店。アメリカ人の買い方を見ると驚くものがある。デジカメ、プリンター、テレビ、DVDプレーヤーなどなど山盛りになったカートを見るともっと計画的に買った方がいいのでは。何も一日でそんなに買わなくてもいいのでは。

 日本にとって映画DVDの価格は羨ましいかぎりです。2年前の映画は3,45ドル(約400円)、半年前の映画は10ドル(1200円)、最新の映画でも20ドル程度です。そのため、DVDレンタルより購入するアメリカ人が多いみたいです。日本も価格を下げてレンタルするより購入しようか?という風になれば、会社の収益上がると思うのに、ここでも日本の商品の価格に疑問。誰がその価格を決めてるの???

 安かったのでDVD購入。
・Pay It Forward
・To End All Wars
・Apollo 13

 たくさんお店を歩き回り、気づいたこと
「ショッピングは体力勝負」

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/28 16:29】 | Reno | TrackBack(0) | Comment(0) |
 Thanksgiving Day
Thanksgiving Day
 留学を支援してくださった職員のボス(女性)が広島大学から来た私達3人を夕食に招待しました。Thanksgiving Dayと言う事で夕食は、アメリカの伝統料理でした。味について初めにコメントすると今の甘すぎ時には辛すぎるアメリカ料理とは全く違い、ほどよい甘辛さの料理、脂肪分の少ないターキー(七面鳥)、豆たっぷりのスープ、栄養満点デザートのパンプキンパイどれを取っても健康料理でした。今でもこのような食べ物をいつも食べれば、アメリカ人は不健康な太り方しないのに。日本食や中国料理が健康健康と言って食べる前に自分たちのすばらしい伝統料理を見直すとよいと思う。

料理の紹介をします。
1124p1

まずはメインのターキー。アメリカの家庭にはガスで焼くバーベキューと油で揚げるナベが庭においてあります。その油揚げ専用機でターキーを油で45分間揚げます。写真からわかるようにターキー丸々上げます。なんだか原型が分かるだけに可愛そうな気がします。全米の家庭がターキーを食べる事を考えたら、物凄い数のターキーをThanksgiving Dayの日に食べる事になる。その事からThanksgiving Dayをターキーデーとも言うそうです。
1124p2

肉を切るときに電動ナイフを使って切断しているのを見て驚きました。まさに解体作業です。きっとネイティブアメリカンもこの電動ナイフには驚くことでしょう。

 次に豆スープ。
4,5種類の豆を煮込みます。味付けは塩コショウだけで後は豆の煮込み汁です。きつい香辛料を入れていないので、アジア系の人にもお口が合います、
1124p3

イモ料理です。
 写真を撮り忘れたマッシュポテト。ジャガイモを茹でてペイスト状になるまでつぶします。そしてバターと塩コショウを入れて出来上がり。
 もう一つのイモはサツマイモです。これまた茹でてペイストにします。こちらは豆ソースをかけてさらにオーブンに焼き出来上がり。
どちらも歯ごたえが無く老人食みたいです。イモを食べていると言うよりも生クリームを食べているようです。
1124p4

 その他の料理
レタスのサラダ。オリーブ。パン。こんな感じだったかな。
デザートにはパンプキンパイ。上に乗っているのは生クリーム。
昔は無かっただろうが・・・進められたのでかけました。
1124p5

たくさんの食べ物に囲まれてわいわいみんなで話して過ごすのがThanksgiving Day。
という事を感じました。日本の正月みたいですね。
TV番組も家族そろって見る番組が多くありました。
例えば、
全米の一番の犬を決めるドックショー。
子供の特技(歌や物まね)を披露する番組
ニューヨークのパレードの中継。
などなど。

たくさん食べてたくさん飲んでアメリカに来て一番の一日でした。
のんびりできる日は久しぶりでした。
明日は、ショッピングのめぐりです。
ショッピングで一番忙しい日だそうです。なんせ午前5,6時からお店が始まるのだから驚きです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/26 15:58】 | 休日Holiday | TrackBack(0) | Comment(0) |
History of Thanksgiving Day
History of Thanksgiving Day

11月24日はThanksgiving Dayで学校・政府機関の公共施設から私企業まで休みです。例えば、町のスーパーまで休みです。アメリカではThanksgiving Dayをもっとも大切な日と考える人が多いです。そこで、ちょっとThanksgiving Dayの歴史を紹介します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  イギリスの清教徒団、ピルグリム・ファーザーズが、アメリカ大陸に信教の自由を求めて、「メイフラワー号」でマサチューセッツ州プリマスに着いたのは、1620年12月26日のことだった。
  上陸した年の冬は厳しく、さまざまな困難にも見舞われ、上陸当時100名余りいた清教徒の大半が寒さや飢え、病気などで命を落とし、春まで生き残ったのは50名ほどだったという。(18名いた妻のうち、生き残ったのはわずか2名。)
  彼らは自分達の勢力が衰えていくのをインディアン達に知られるのを恐れ、墓標も建てられなかったと言われている。
  しかし、生き残った者たちは、インディアン達から狩猟や農耕を教わり、春夏を精一杯働き、その労苦は報いられた。
  秋の収穫の時には教会に集い会食を催して、収穫を喜び、神に感謝を捧げた。この席にはインディアン達も招かれた。彼らは入植者達の恩人であったのだ。インディアン達は七面鳥や鹿の肉を持ってきた。この日のごちそうはかぼちゃと七面鳥であった。清教徒の一団とインディアンたちは、3日間、戸外のテーブルに食物を山と積んで、神に感謝を捧げ、讃美歌を歌った。
これが今日、アメリカの年中行事となっている感謝祭の始まりである。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前日の町の状況を言うと、いつもはお店やバスの時に別れる挨拶は
have a good night. よい夜を!
この時は
Have a good Thanksgiving Day
となります。
スーパーや街中の人々の話を聞くと
今年のThanksgiving Dayはこんな事をするのですよ。はは~
という会話があちこちで聞こえてきます。

私のThanksgiving Dayの予定は、留学を支援してくださってくれているスタッフの家にお呼ばれされています。どんな食べ物が食べられるか楽しみです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/25 04:43】 | 休日Holiday | TrackBack(0) | Comment(0) |
残り3週間で冬休み
残り3週間で冬休み
 今学期も残すところ3週間であることに気づきました。そろそろ、冬休みの旅行の計画を立てなければならない。様々な旅行体験記のHPを読んでいますと、USAはディズーニーランドのようなアトラクションが好きでないと楽しくないみたいです。確かに西海岸にある町はショッピングあるいは遊園地のような施設しかなく私にとって楽しくありません。

 アメリカ中部の国定公園は景色がすばらしいのですが、冬は寒くてさらに車がないとツワーに参加しないといけないので、費用が高いのと時間が掛かる点から今回はパス。

 旅行の目的を考えないで、旅行しても時間とお金のムダなのでしっかりと計画をねらなければなりません。私はこの冬にどんな体験がしたいのか?とあれこれ考えていて、冬にしか出来ない事を必死に考えました。

 そして、一つの答えを出しました。
「オーロラが見たい。」
オーロラの発生する範囲は経度65度から80度のドーナツ状の領域です。
カナダに行けば見えます。

その序に、カルガリーのホストファミリーに会いに行ったら楽しいだろうな~。
みんな元気にしてるのかな?
去年の夏はあまり英語が話せなかったけど、今回はかなり話せる自信があります。
だって勉強したもん!

 飛行機なんて高くて乗れません。しかし、アメリカ・カナダのバスを30日間乗り放題のバスパス($500)があります。冬だから寒い、と思いきや建物の中は、どこも暖炉があり暖かい。ルートやバスの時刻をしっかり立てれば行けそう。
* *************************************
 旅の予定(11月22日現在)
リノから北に上る。
サンフランシスコ→シアトル→バンクーバー→カルガリー→エドモントン
→ヘイ・ベリー。
この町でオーロラを見る。四日近くオーロラを見るために滞在しようと考えてます。行っても見えなかったら残念ですから。
ここからがんばって友達の住むトロントまで行こうかな。ヘイベリーからバスで丸3日かかるみたいです。西海岸から東海岸まで行くのだから仕方が無いですけど。
トロントで何日か休息して、きっとここで正月を迎えそうです。

そしてナイアガラを横目にアメリカに再入国。
東海岸の友達の家を渡り歩く。
ニューヨーク→メリーランド→ワシントンDC→フロリダ

ここから西に進路を変え、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州(グランドキャニオン)、カルフォルニア州、ネバタ州そしてわが町に帰る。

本当に実現したら楽しい旅になりそうですね。
色々と調べて計画を立てたいと思います。想像するのはタダですから。
オーロラは絶対に見たいですね。物理科の生徒として興味深いものです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/23 18:27】 | Travel | TrackBack(0) | Comment(1) |
 Thanksgiving shopping
 Thanksgiving shopping
アメリカでは、感謝祭の次の日、11月25日はあらゆるお店が激安になるそうです。先生がこの日を次のように言ってました。クレージーショッピング(狂った買い物)。なぜ、されほどまで言うのか初めは分かりませんでした。

 しかし、その日を一週間切って、ようやくわかるような気がします。ニュースではどの放送局を見ても一度はショッピングの話題が出ます。商品が安いとか宣伝ではなく、今年も待ちに待った Thanksgiving shoppingの日が近づいてます。という皆さんも予定を立てていますか?というお知らせ。こんな事を放送するの?と思いました。

 色々調べて、クリスマスの1ヶ月前でその準備のためにこの日があることが分かりました。アメリカ人は行動が早いですね。1ヶ月前にはクリスマスツリーの準備をするそうですよ。

 価格の内容は、お店の全商品40%オフや目玉商品を出すそうです。日本で開店セール時に限定商品を出していますが、数が少ないですよね。アメリカは規模が違います。50~60個近く商品を用意しているみたいです。

 何より驚いた事は、開店時間です。朝の5時に開店するお店があります。誰がそんなに早く起きて買いに行くのか?いや、一晩中起きてそのまま買いに行くんです。感謝祭はクリスマスやハッピーニューイヤーよりも重要な日で、一晩中宴が続くそうです。日本の大晦日みたいな日ですね。

 イベントに参加するのが大好きな私にとって、この日は待ち遠しいです。きっと朝の五時からお店の前に並ぶだろうなぁ~。何も買わなくてもそういう行事は参加するだけど楽しいから。日本に無いものですし。あと4日後が待ち遠しいです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/22 15:47】 | 休日Holiday | TrackBack(0) | Comment(1) |
 初バスケット観戦
 初バスケット観戦
1119p1

 大学生のバスケットでたくさんの観客が入ることに驚きました。その理由はプレーがうまいからでしょう。ゴールを決めてから3秒後には次のゴールが入るスピードに驚きます。また、1ゴール決めるたびにスタジアムがゆれんばかりの歓声、ダンクを決めたら観客は総立ちで拍手をするのには鳥肌が立ち身震いするほど感動します。

 うちの大学は、全米の大学で16位入りするほど強いそうです。具体的に言えば、主力5人のうち4人がMBAのチームにスカウトされるらしいです。今、MBAで日本人がプレーしていないことを考えたら、全日本チームより強いことになるかもしれません。
1119p2

 試合をする事は観客の余暇だけでなく、子供たちに夢を与えると思います。また、タイムアウトの時に小学生がコート整備をしているのを見ると参加型の試合であると思います。
他にも、相手チームがシュートを打つ時に物凄い騒音を出すことが許されています。まさに観客もチームの一員ということです。

チーム運営が赤字だからと言ってすぐに廃部にしてしまう事はやめて欲しいですね。チームの運営が赤字でもその宣伝効果で本製品の売り上げに貢献している。

 今年から日本のバスケットのプロリーグができたことをご存知ですか?人気はいかがなものなんでしょう。チームの本拠地は北から仙台、新潟、埼玉、東京、大阪、大分です。チケットの価格(前売り)は、子供500円、高校生1000円、大人1900円から5000円。価格はアメリカの大学生の試合と同じくらいの価格です。

 このようなプロリーグを作ると、小中学生の運動部が活発になって非行少年を減らせるのでは、と思います。

 様々なスポーツ競技を日本に広め選手観客ともに楽しめるようになればいいな~。また、大学のスポーツももっと観客が入るようにしたいですね。アメリカでは、スタジアムで友達同士を紹介する交流の場になってます。これから幅広い友達を必要とする大学生にとってこのようなスタジアムは必要だと考えてます。いつか、日本にも週末はスポーツ観戦というい環境を作ってみたいです。
1119p3

日本のプロバスケットのHP
http://www.bj-league.com/bj/Top.do

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/20 16:15】 | sports | TrackBack(0) | Comment(2) |
忙しい一日 
忙しい一日 
1118p1

金曜は、授業が9時から11時までです。その授業でニュース番組を作りました。2人のキャスターと6人のレポーターでニュースを伝えました。そのニュース番組はビデオカメラを使って録画をするほど、本格的なものでした。
1118p2

 ビデオに撮るのは記念に残るからと思ったのですが、番組を撮り終わってみんなで見たときに自分の英語を初めて聞いて色々学びました。
・正確な発音をしていない
・なめらかにスムーズに話していない
・身振り手振りがない。ロボットのようである。
・抑揚がない
・キモチがこもっていない
という事を
気づかせてもらいました。
1118p3

 今回のニュース番組を作ることから、自分の英語を録音して聞いてみることの大切さを発見しました。ですから、毎週一度自分の英語を録音して悪い所をチェックしてみたいです。英語の発音が上手になりたい人はためしてみてください。

 持ち寄りランチでお腹いっぱい
1118p3

 クラス全体で感謝祭のパーティーがありました。
先生方は感謝祭で食べる七面鳥、クランベリー、マッシュポテト、かぼちゃパイ、サツマイモ、インゲン豆などを持ってきました。生徒の方は自分の国の食べ物を持ってくることになっていました。そこで私は、いなりずしと太巻きを作って持って行きました。
1118p5

 乾燥地域では、食べ物の保存が難しいと今回分かりました。すぐにご飯が硬くなるのです。寿司を食べる環境に適してない。やはり、日本の独特な食べ物なんですね。台湾人はいなりずしを知っていました。さらに回転寿司が台湾にはあるそうです。一皿約1ドルくらいだそうです。回転寿司が台湾にあるのに驚きました。一度韓国には旅行したことがあるのですが、普通の寿司しかみたことがありません。

 いつもと違うものを食べれたので、お腹がいっぱいになるほど食べました。色々な違った食べ物が一度に食べれる事はうれしいことです。

 まだまだ続くパーティー、だって週末だもん

 平日宿題に追われて、全く遊んでいないので週末くらい(日曜は宿題でつぶれます)みんなとワイワイ過ごすのが日課になってます。唯一の休息ですね。最近、勉強と遊びを分けてそれぞれ上手に集中してます。両方ともダラダラするのでなくビシッと短時間で実行することが重要だと思います。
1118p6

 大学の近くの台湾人の家で、さらにパーティーをしました。昼の2時から夜の8時まで飲んで食べて話して本当にリラックスできました。

 とても忙しい充実した一日でした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/19 18:27】 | Class | TrackBack(0) | Comment(3) |
変化の乏しい環境
変化の乏しい環境
 日本のお店にはさんまや松茸など秋の味覚が終わりを向かえ、鍋料理が美味しい季節になっている頃でしょう。アメリカはどうかと言えば、お店にはいつも同じ食材がほぼ同じ値段で売られています。なんて季節感のない国なんでしょう。残念です。

 大学のランチを見てみるとまたまた同じメニューが並んでいます。まぁ、ファーストフードですから仕方がないですね。日本の大学の生協が恋しいです。さすが、栄養士さんが考えたメニューだけあって栄養のバランスがよいです。アメリカ人は毎日ピザ、サンドイッチ、ハンバーガ、カルフォルニアロール(すし)ばかり食べてあきないのかな、そして栄養が絶対によくないです。

 空を見上げても、雲ひとつ無い青い空がずっと続いてます。これは聞こえはよいですが、毎日同じ天気で寂しいですよ。さらに砂漠気候で乾燥がきつすぎます。潤いに飢えてます。

そんな事を考えていたら、日本はとても変化の激しい環境であると思いました。食事だけでなく仕事関係でも著しく変化します。これについていけない企業は倒産しますね。高校で読んだ徒然草の中の思想が浮かびました。
「日常とは変化するもの。無常であるからこそひと時を大切にすることができる。ものの哀れ。」
今、この意味が分かる気がします。変化の乏しい環境では、新しい発見は少なく、刺激や驚きさらには感動が少ないと思います。

 日本では、欧米化が急速に進んでおり、一時を大切にする気持ちがなくなりつつあると思います。みなさんも回りの変化に感動しその日その日を大切に過ごしてはいかがですか?
・なぜ木の葉は変化して落とすのか、
・なぜ雲はいつも違う形をするのか、
・この食べ物のどこの産地だろうか、
・明日は何が起こるか予想してみよう。
・明日は新しい人に話しかけよう。
などなど。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/18 16:01】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(0) |
英語で初ブログ
英語で初ブログ
 最近パソコンで英語のレポートを作成している。その関係で、ブログに乗せるのが簡単である。そして、少数ですが、私のブログを外国の方(元HUSA生)が見ているので、いつかは、その人たちに向けて記事を書こうと思っていました。私のレポートをコピぺしただけですが、呼んでみてください。

Hey, HUSA student. How are you? I am very good. I enjoyed Reno, America. There is something a little trouble about food, culture, language, and friends. But I think that these are great experience for me. I want to become a good English speaker, and someday I want to talk to you in English. This is my report. What do you think America is right about Iraq War?

The worst choice about Iraq

America shouldn’t start Iraq war for many reasons in my opinion. At first, America doesn’t have correct information about Iraq. For example, many of world people guessed Iraq don’t have a weapon of mass destruction such as biological weapons, but U.S.A government only believed it. Iraq also was a wrong about the weapons because Iraq didn’t cooperate with the United Nations about searching the weapons after the Gulf war. In second reason, we may say that it is difficult for Muslims to democratize themselves country because they think Allah is the best. It has been established that Allah decides their destiny. Finally, one country doesn’t have better to release the citizens of another country because groups which have big powers would hate same ethnic group who obey another country. The strong groups hope weak groups not to have powerful rights, and the strong groups will kill them. It looks like after Iraq war. On the other side, everyone agree that Iraq supported terrorists to give the weapons and America want to use oil in the Middle East. But, it seems reasonable to suppose that we should have solved those problems by conversations. Conclusion, America was too early to start the Iraq war.


  日本語で要約
 私の意見では、アメリカはイラクに戦争をするべきではなかった。
その理由は、
・イラクが大量破壊兵器を持っている確かな証拠が無かった点。
・イスラム圏に新しく民主主義を作ることは難しい点。
・他国が相手の国の市民に自由を与えようと解放すると、当事国で争うが起こる点。
また、アメリカが戦争を始めた理由として、イラクがテロリストをかくまい支援した点。そして中東地域の石油を確保したかった点。
 しかし、武力による解決ではなく、対話での解決ができたのではないか、というのが私の意見。
 そして結論として、アメリカはイラクに戦争した事は短絡的な行動だった。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/17 16:44】 | English | TrackBack(0) | Comment(0) |
International Festival 当日
International Festival 当日
私の担当は折り紙でつるを作ることでした。実際にアメリカの学生につるの作り方を教えた感想は、「大人になっても一枚の紙から何かを作る事はうれしいもの。」と。
「机の上に飾ります。」と言われてうれしかったです。日本の誇れる伝統ですね。
1115p1

 台湾のコーナーでパピオカ入りミルクティーとスイートポテトを作っていました。スイートポテトを作る理由を聞いたところ、国が貧しい時に、このポテトを食べて飢えをしのいだそうです。日本の戦争時、また戦後すぐの状態の生活と似てますね。こういう所が同じアジア圏だな、と感じ親近感が沸きますね。
1115p2

 倒れたビンを糸の付いた輪ゴムでビンをおこすゲーム。台湾のお祭りで出店であるゲームだそうです。日本にも出店で同じようなゲームがありますよね。北米、南米にこのようなゲームが無いことを聞くと、
「距離が近い=同じ文化や伝統を持つ」
という考えは正しいみたいですね。
1115p4

ほかにもなにやら不思議な飲み方をするものがありました。今入ってるものは水ですが、祭りの時お酒が入っているみたいです。東ヨーロッパのものです。世界には変わったものがあるものですね。

 そして最後にみんなで記念撮影。
1115p3

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/16 14:24】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
International Festival
International Festival
 明日11月15日に授業の一環で、International Festivalという自分達の文化を紹介する行事があります。対象者はアメリカの学生で今まで学んだ英語を実際に使ってみよう!という先生の狙いがあるのでしょう。私達としても、教室だけでなく外で授業を行なうのはとても新鮮だと思います。

 グループは日本人5人で折り紙、日本の音楽、相手の名前を日本語で記入、おでんの試食をします。私の担当は折り紙で「つる」を作ります。この二日で沢山のつるを練習のために作り、幼稚園のころを思い出しました。折り紙は、ORIGAMIという単語で英単語化されて、アメリカ人だけでなく南米の人も折り紙を知っていて驚きました。でも、織り方を知らないみたいです。

 今日共同者とおでんを作りました。おでんの担当者は1969年に高校を卒業した女性で母親です。娘がネバタ大学を卒業した関係で、今、一緒に家に住みながら、母親は英語を学ぶためにネバタ大学の英語の授業を受けています。名前が私の母さんの名前と同じで驚きました。
 おでんの味見をしたのですが、さすが母親、本当においしかったです。アメリカに来て鍋料理が食べられるとは思いませんでした。

 明日、アメリカの学生がおでんを食べてどのような反応をするのか、気になるところです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/15 15:31】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
イラクにてアメリカ兵2000人亡くなる
イラクにてアメリカ兵2000人亡くなる
 イラクで亡くなったアメリカ兵士の顔写真と名前がNew York Timeに載っているのを見ました。2000人もの写真を載せるのでページ数は、3ページを越えていました。日本にいるとき、世界は戦争しているとはあまり感じませんでした。しかし、このような記事を見るとやっぱりアメリカはイラクと戦争していた事を実感します。

 死者数の参考として、第一次世界大戦で900万人、第二次世界大戦で6000万人もの人が亡くなっています。数は確かに少ないですが、死亡原因が異なります。先の大戦では、戦争中に殺されましたが、今回のイラクの場合、戦争後の治安維持のために駐在中に殺される数のほうが圧倒的に多いです。治安維持の目的が逆に混乱を招いているのでは、と感じるくらいです

なぜ、戦後の駐在中に兵士が亡くなるか、考えたことがありますか?
第二次世界大戦後に日本に対してチョコやお菓子のような物資をあげていたアメリカ軍は面影もありません。今、自分達に危害を与える集団に対して、どんな手段を使っても撲滅させてやる、というある意味テロ集団になっています。アメリカ軍は、かつても旧日本軍のような集団虐殺や地域住民を殺します。よく誤爆という記事を耳にします。

 ここで、「歴史は繰り返す。」という言葉が浮かびました。
太平洋戦争で旧日本軍がアジア周辺諸国に行なってきた大量虐殺や暴行を行なった結果、60年経った今でも周辺国は日本に対して怒りを覚えています。このような残酷な殺害を続けていたら、きっとイラクやアフガニスタンの人たちもアメリカ合衆国を60年後も恨むでしょう。

 親を殺された子供はその殺した人を恨みます。
 子供を殺された親はその殺した人を恨みます。

一人ぼっちになった人たちは、自爆テロのような復讐をします。
そして、また
 親を殺された子供はその殺した人を恨みます。
 子供を殺された親はその殺した人を恨みます。

これが今のテロ事件の原因の一つです
 いつになったら殺し合いのない平和な世界になるのでしょう。
まずはこの悪循環を何とかしたいいですね。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/14 17:18】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(0) |
11月11日:祝日Veterans Day(ベテランデー:すべての軍人関係者に敬意を払う日)
11月11日:祝日Veterans Day(ベテランデー:すべての軍人関係者に敬意を払う日)
 1111p

今日はベテランデーという毎年戦争でアメリカ合衆国の兵として亡くなった兵士に敬意を示す日です。学校や役所な公共施設は休みになります。しかし、企業などは休みでない所が多いです。

 この祝日の由来は、第一次世界大戦が1918年11月11日午前11時(「1」を6個並べるなんて洒落てますね)に休戦条約が結ばれたことを記念して作られました。第一次世界大戦は、1914年から1918年まで35カ国が参戦して、全体で900万人の兵士が亡くなりました。

 アメリカ国民は、この休戦条約の話を聞いてもう二度と戦争で国民が死ななく、戦争が無いことを心から喜んだ。翌年1919年、アメリカ合衆国は、ウッドロー・ウィルソン大統領は、同盟国の戦死者に賛辞をして11月11日を休戦記念日にした。

 毎年休戦記念日には次のようなことをするようです。
「午前11時、みんな何をしていようともそれを止めた。1分間、人々は
まったく沈黙した。この1分間は、戦争で死んだすべての兵士たちを
思い出すためのものだった。」

 私にとって黙祷といえば、1995年1月17日に起こった阪神大震災で亡くなった人を惜しむために、正午12時に小中学校で黙祷したことを思い出しますね。あの震災から10年経つのですね。時が経つのは早いですね。

その後、アメリカは、何度も戦争を行います。例えば、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガニスタン、イラク戦争。挙げたらきりがないほどです。そして、1954年に休日の名前も、休戦記念日からベテランデーに変わりました。アメリカ国民は戦争で戦ったすべての兵役経験者を思い出し敬意を表する日になりました。1111p2

****************************************

ベテランデーから感じた事

 日本にはない祝日で、アメリカ各地でどのような行事があるのか興味がありました。しかし、軍事関係者以外は、何もしないただの休日あるいは、普通に働いている人が多いのが現実です。一年に一度ぐらい過去の戦争について考えて、祖国のために亡くなった兵士について考えるべきだと思う。

 日本では、休日でなくても、戦没記念日や広島・長崎原爆記念日など、主に太平洋戦争で亡くなった兵士を惜しむ日があり、TVや新聞で大きく取り上げられます。TV番組が作られ一度は見たことがある人が多いでしょう。
 でも、アメリカはそういう物を見る人は、軍人さんだけというのが残念です。もっと昔の事や世界の出来事に目を向けて欲しいですね。今は世界の大帝国かも知れませんが、なまけや傲慢がいつか堕落を迎えると思います。かつてのローマ帝国やオスマン帝国のように・・・。

 アメリカ大統領が日本の靖国神社のような招魂社に公式に訪問できる事は、ある国の首相にとってうらやましいことでしょうね。私の考えでは、首相が靖国神社に行く事は悪いことではないと思う。行く理由、つまりその人のそんな気持ちで行くのか、が大切だと思う。「亡くなった人の恨みを晴らすぞ!もう一度戦争してやる!」と思って参拝する首相は困るけど、「心から戦死者を痛み、これから二度と戦争のない世界を作ります。それを見守ってください。」と願う首相なら靖国神社に参拝に賛成ですね。その人の本当のキモチは分からない物ですけどね。

 それより周辺国の反応が異常すぎると思います。「参拝=戦争する」という単純すぎる考えに呆れてしまいます。しかし、忘れていけない事は、一部の人間がこのような単純な考えを持ち、民衆はテレビや新聞やインターネットで踊らされているに過ぎない。留学経験がある人や外国人と話したことがある人ならお分かりでしょうが、日本に留学してくる外国人やアメリカに留学してくる私のアジアの友達は、靖国神社に参拝について怒りを表す人を見たことがありません。多く人が日本に感謝してます。彼らはよく、「今の自分の国があるのは日本の支援のおかげだから。」と言います。日本人としてうれしいことですね。

 戦争について考える一日でした。みなさんも一度歴史の本をちらっと見てみてはいかがでしょうか、何か新しい考えが浮かぶかも知れません。

長い記事を読んでくださりありがとうございます。
これからも呼んでください。


参考にした英語です。
November 11 is Veterans Day. A veteran is a soldier
who has fought in a war.

Thirty-five countries fought in World War I. They fought
for five years, from 1914 to 1918. The United States was
in the War from 1917 to 1918.

Finally the countries stopped fighting. The leaders signed
an armistice. They signed the armistice on the eleventh hour
of the eleventh day of the eleventh month. The armistice meant
that the war was over.

Americans were very happy to hear about the armistice.
No more soldiers would die in the war. The soldiers could come home.

People went out into streets and laughed and danced.
They blew horns and whistles and rang bells. They sang songs.
They thought that there would never be another war.

President Wilson made November 11 a holiday to remember
the end of the war. The holiday was called Armistice Day.

At eleven o’clock in the morning, everyone stopped doing
whatever they were doing. People were completely silent
for one minute. This minute was to remember all the soldiers
who have died in wars.

The body of an unknown soldier was brought to America
from the cemetery in France. His body was buried in a tomb
at Arlington National Cemetery. It was called the Tomb
of the Unknown Soldier.

The US was in three more wars, World War?, the Korean War,
and the Vietnam war. The name of the holiday was changed
to Veterans Day.

Americans remember and honor all the veterans who fought
in wars.

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/13 09:14】 | 休日Holiday | TrackBack(0) | Comment(0) |
 ニュースのリポーターに挑戦
 ニュースのリポーターに挑戦
 リスニング・スピーキングのクラスでTVのニュースをやることになりました。
ビデオカメラを借りて本格的にニュースを作るみたいです。
アメリカっていう国は、何かをすると決めるとトコトン本物に近づけたいと思う国ですね。
たまにそこまでしなくてもいいのに・・・と感じる時があります。
先生から、TVを見てよい表現を覚えてください、というアドバイスを受けました。

 このアメリカの授業を受けて、
大げさですが、あらゆる職業に就くことができるような授業だと思います。
新聞記事を書いたり、
TVのニュースを作ったり、
プレゼンテーションで環境や国際問題などを調べて発表したり
準備をするのが大変ですが知識が身につくので良質の授業だと思います。
まるで日本の総合学習みたいな物ですね。

 さて、日本の小中高校の授業はどうなんでしょう。
総合学習という私にとって未体験の授業の評価を新聞等で見ていると、
あまりよくないとささやかれていますが、
結果をすぐに求めてはいけないと思います。

 試験で一時高得点を取っても、1年後や2年後にはその内容は忘れてしまいます。
しかし、総合学習のような協力して行なう勉強は、すぐには忘れません。
これからも日本の学校ではこのような授業を促進して欲しいです。

ちなみに、アメリカの小中高では、このような授業が多いみたいです。
小さい子供をキャンパス内で見かけることがあります。彼らは大学で何を学んでいるのでしょうね。気になるところです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/11 16:29】 | 教育 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Origami(おりがみ)
Origami(おりがみ)
 知ってますか?折り紙は英単語化させているのですよ。コウビルド英英辞書によると、
「Origami is the craft of folding paper to make model of animals, people and objects.」
ちょっと意外でした。

 来週の火曜日にインターナショナルフェスティバルで私は折り紙を紹介しなければなりません。何を折り紙で作ろうか、インターネットで調べていたら、「兜」を発見しました。
幼稚園や小学校低学年の時、よく兜や刀を作って遊んでいるのを思い出しました。

 そこで、授業の前に新聞紙で兜と刀を作ってトルコの友達に渡したら、
“サムライ”と言って喜んでくれました。アメリカ以外でも“サムライ”は人気みたいですね。映画の力はすごいものですね。また、様々な映画監督や俳優の名前が出て来てさらに驚きました。

 初め、インターナショナルフェスティバルで鶴を作ること思いついたのですが、日本の歴史に触れられるので兜と刀にしたらよいかな。折り紙に使う紙は、大学に自由に取ることができるニューヨーク・タイムを使うつもり。どのようなアメリカ大学生がどのような反応をするのか、気になるところです。

アメリカで日本の漫画やアニメばかり注目されています。“オタク”という言葉はアメリカでも通じます。カタカナで“オタク”と書いたT-シャツを着ている人を見かけるほどです。意味分かって着ているんでしょうね。

でも、アメリカ人が日本の歴史や政治にもっと興味を持ってもらい、日米がさらに親しい関係に成れれば幸いだと思います。
1109p.jpg

PS 私の2人の兄へ
就職決まりおめでとうございます。来年の春から社会人としてがんばっていください。
私は当分間学生のままでいます(笑)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/10 11:25】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
パキスタン大地震の爪痕
パキスタン大地震の爪痕
 10月8日にカシミール地方を中心に起こった大規模な地震で悲惨な事件をニューヨーク・タイムで読みました。

 カシミールといえば、最高級の織物で軽くて保温性のよいカシミヤ取れる地域です。
地理的に言えば、インド亜大陸西北、ヒマラヤ山脈西部およびカラコルム山脈南部を占める地域。世界一活発な活断層がある地域でもある。また、この地方では昔から領土問題がある。
1108p
日本政府外務省より
 事件の内容は、地震で怪我をした子どもが病院に運ばれて、治療後知らない人に連れ去られて人身売買に利用されている。という記事でした。

 なぜ、このような事件が起こるかというと、
・地震で両親を亡くしてしまった子供たちが誰も身寄りがいない状態で病院に運ばれてしまう点。
・病院のスタッフの数に比べて、患者が多すぎてセキュリティー管理が仕切れてない点。
・ただでさえ貧しいこの地方に、地震でさらに追い討ちをかけて手っ取り早くお金を稼がなければならない人たちが大勢いる点。

 売られた子供たちは3K(汚い、危険、きつい)といわれる場所で強制労働させられます。
同じ地球でこんな社会はゆるされてよいのでしょうか?
この記事を読んで妙に悲しくなりました。

 子どもは、自分で行動を進めるのが難しいので、守られるべき存在なのだが、
この事件では、逆に子供を利用してやろうと考える大人がいるのです。
とても残念な記事でした。

テーマ:災害 - ジャンル:海外情報

【2005/11/09 16:22】 | WorldNews | TrackBack(0) | Comment(0) |
アメリカの食品の物価について
アメリカの食品の物価について
 アメリカの外食の価格は、一般的に日本のお値段と同額ですね。
ただし、量が日本の倍ぐらいあります。それをアメリカ人は一人で食べてしまうからびっくり。
 お店に並ぶ食材の価格は全然日本とは違います。物凄く安いと思います。
例えば、この写真のインスタントラーメン。
1107p1

10個で1ドル(約120円)です。1個の価格ではありませんよ。
具は入っていないのですが、麺と粉末スープの素が入っています。
100円ぐらいで豪華なラーメンが作ることができます。

次にこのほうれん草、
1107p3

日本と違い、ほうれん草の茎は短いです。
アメリカ人の多くは湯でずに生のまま食べます。
日本のTVでほうれん草は茹でた方がビタミンの吸収がよいとか聞いたことがありますが、
最近アメリカ流でほうれん草を生で食べてます。

ジュース類は24本のケースで買うと驚くほど安いです。
1107p2

このペプシは、24本で6ドル(120*6=720円)。
特別価格ではなく、いつでもこのお値段で買うことができます。
安いですよね。

色んな人に食品の価格について聞くと、私の住むネバタ州は郵送費がかかるので、
若干、と都市部の流通のよい場所に比べてお値段が高いみたいです。
それでも、わたしにとってこの価格は安いと思います。

住むところが変われば物価も全然違うのですね。
日本以外のアジアは、いや日本以外の国では食品は安いみたいですよ。
様々な国の人と話して最近日本ってすべてのものが高すぎると実感しました。これでは子供たくさん作ろうなんて、考えなくなりますよ。
少子化を防ぐために、食品や学費など物価を安くなればよいと思う。

それにしても、アメリカで
料理ができたら本当に安く作ることができます。
ただし他国から輸入した食品は高いです。
そのギャップに時々驚かされます。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/08 17:16】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(0) |
レオナルド・デカプリオ、木を植える
レオナルド・デカプリオ、木を植える
映画スター、レオナルド・デカプリオ氏が荒れた土地を購入して木を植える事業を進めたそうです。
 アメリカに来る前の私なら話題づくりのために森を作ろうとしているなぁ。金持ちは何でもできるなぁ~。とか考えました。
 しかし、アメリカに来て福祉活動を熱心にしている人達を多く見かけます。
お金のある裕福な人たちは、少しでも世界のために役立ちたい。
と考えるアメリカ人がたくさんいます。
 きっとレオナルド・デカプリオも同じような考えを持っているのでしょう。
ちなみに彼の購入した土地は、アメリカ、スペイン、インド、メキシコ。
なぜ、これらの地域の土地を購入したかよくわかりません。

 自分も裕福な家庭を持ったら、世界のためになることをしてみたいですね。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/08 07:55】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(0) |
 本格的冬が近づく。
 本格的冬が近づく。
 昨日先生から、夜に山のほうに雪が降るかもしれません。と言われた。
こんなに暑い(朝晩は冷え込みます)Renoでもう雪が降るはずないじゃん。
と思っていましたが、

 朝学校に行こうと自転車に乗って、ふと顔を上げて見ると、山に雪がうっすら積っていました。「ええ~~」と思わず叫んでしまいました。

 周りの山を見渡すと、(←リノの町は四方山に囲まれています)西のカルフォルニア側の山にしか雪がありませんでした。

 この瞬間に雪雲の流れは西から東に流れていることがわかりました。日本で言うと、北国で雪を降らせて南では冷たい風が吹いている状態ですね。とても不思議な感じがしました。西の山だけに雪が積っているのに、他の方には雪がない。まるでリノが境界線であるかのように。
今日はアメリカの地理の勉強ができました。日本とは違う雲や風を体験できる事は本当にうれしいです。よい刺激になります。
1103p

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/04 15:08】 | Reno | TrackBack(0) | Comment(0) |
言葉の定義、センター試験に異変が!
言葉の定義、センター試験に異変が!
 関係代名詞は、言葉の定義のために使われるのですね。関係代名詞といえば、
もの→that or which     人→who
を使う。というような入試テクニックしか頭に思いつかないですが。
本来は、読者に新しい言葉を理解してもらうためにある。

 関係代名詞を学んだ時は、こんな利用をするんだ。とは思いませんでした。
高校の英語の勉強は、単に入試でよい点数を取るために存在しているだけですからね。
そろそろ、授業形式を変えたほうが懸命だと思いますよ。文科省さん。

「生きるための教育」という標語を掲げているのに、
高校の英語教育は、生きるための勉強ではないですね。僕の時代は!(2000年)

最近は少しずつ変わりつつあるのでしょう。
今年センター試験に英語のリスニングが導入される。
センター試験のHP→http://www.dnc.ac.jp/
まぁ、配点は低いですけど。大胆に50%くらいの配点を取ってもよい。
聞き取れれば、大概話せるようになりますから。
そうすると高校の英語教育も変化するに違いありません。

残りは、読解と英作文の問題を出題する。
センター試験は、選択式だから英作文を出題できませんが・・・。

今センター試験受けたら何割取れるのでしょうかね。
ヒマな時、過去問を回答してみようかな。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/03 16:43】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
一時間遅らせるだけで体の調子が狂う。サマータイム導入しないほうがよいかも!
一時間遅らせるだけで体の調子が狂う。サマータイム導入しないほうがよいかも!
月日が経つのは早いものですね。もう11月ですよ。アメリカに来て3ヶ月目に突入!
最近の動向は、宿題の量は増える一方、遊ぶ時間もブログを書く時間もなくなり、睡眠時間を削りつつ自分のしたいことをしています。
こんな生活を続けて、人生でこれほど勉強をしたことがあるのかな。と人生を振り返ったら、探せばあるのもですね。高校生のとき最も勉強していたと思います。うちの高校は少年院みたいなものでしたから。
 
朝、確認テスト:80%正解しないと授業後に追試。←この追試が、くせ者で80%回答できないと帰宅させてくれなかった。夜9時とかまで、よく残させられた。
 
授業は、半端じゃないほど進むのが早くて、(のちに通う大学の講義が遅くてたるいと思いました。)内容も難しかった。例題と解いたら、いきなり国立大学2次試験内容の練習はしないでください。あと、宿題の量は多すぎます。生徒を殺す気ですか?

 授業後は、追試に追われて部活にも参加できず。追試が終わればクタクタで帰宅。
帰宅後は夕食を食べて、すぐに山ずみの宿題を取り掛かる。深夜12時を回っても宿題が終わらなくて、でも明日の確認テストのために宿題を止めて寝る。

 そしてまた確認テストを受ける。
こんな高校生活を送った私にとって、青春なんかありません。(泣)

 今を思えば、先生方できの悪い生徒でごめんなさい。とお詫びしたいです。

 だから、今のアメリカの生活もそんなに辛く感じません。いくら沢山の宿題を出されても、何時間も悩んでも解けない数学や、考えられない回答を浮かばないと解けない物理や、選択肢で悩んで鉛筆転がして決めた国語の問題もないんだから。

 アメリカでの宿題は、自分の意見を伝えるために文章を書き、授業で話す原稿を考え、新聞を読んで自分の意見を考える。これらの回答は一つじゃないところがアメリカらしいです。時間はかかりますが、こつこつ進めればいつかは終わります。
それでも、宿題減らして欲しいなぁ、そして旅行してアメリカの友達に会いに行きたいです。


 わが名古屋高校のPH。ここに高校に入学したら物凄く成長します。
http://www.meigaku.ac.jp/gate.html1101p

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/02 15:22】 | Class | TrackBack(0) | Comment(0) |
ハロウィン、(Halloween)といえば、私は痛ましい射殺事件しか思いつかない
ハロウィン、(Halloween)といえば、私は痛ましい射殺事件しか思いつかない
 私にとってハロウィンは恐ろしい日という印象しかありません。それは仮装した留学生服部君が間違って訪ねた家で、その家主に射殺されたことを思い出すからです。アメリカに居ても決してウキウキしても来ないです。こみ上げてくるのは銃社会のアメリカを憎むことだけ。射殺事件からもう13年が経つのですね。

 私の先生方からハロウィンはどのように過ごすのですか?と聞かれたので、
皮肉を込めて銃社会について考えます。と答えたら、先生はこの服部君の事件知っており、あの事件は酷すぎる。と。
 普通,止まって欲しい時には、FreezeじゃなくてStopを話すのに・・・。
この事件の起こったルイジアナ州(←今年ハリケーンで甚大の被害を受けた州)は、アメリカの中でも治安の悪く教育があまりよくないみたいです。
 何人かの先生にこの事件の事を聞いた所すべての先生が知っていました。同じ留学生を相手に教えるだけあって、この事件に感心が高いのでしょう。この事件により、新しく法律が制作されたと聞いたので調べてみました。

 ブレディ法案
1993年11月20日、ブレディ法が議会で可決された。5日間の待期間を置き、購入申込者が犯罪者か、あるいは精神病者ではないかなどの人物チェックをし、社会の平穏を害する心配がない人だけに販売する法律。
 アメリカの市民の70%が銃を規制して欲しいと願っているようです。その理由は子供を守るために。という親心からです。いつの日か、アメリカから銃がなくなる日を願いたいです。


 この法案を調べてこの事件より生まれた団体を見つけました。それは「Yoshiの会」です。
銃規制運動を推進している団体です。HPが以下のものです。時間がある時に、少しのぞいてみてください。http://www11.plala.or.jp/yoshic/ 
 この団体の中で、毎年1名アメリカの高校生が日本に留学して銃のない安全な日本を体験してもらいニ度と悲惨な事件を繰り返さないに文化の違いを乗り超えて理解を深める。
 最近は日本でも銃に関係した事件が起こるようになりましたが、それでも、世界的にみても、銃に絡む事件は少ないです。私の多くの留学生の友達も日本は安全でいつか住みたい。と口をそろえて答えます。この事は、日本は誇りを持ってよいと思うし、これからも犯罪の少ない国づくりを進めていかなければならない。

ちなみに私も友達の家にハロウィンパーティーに行きました。無事に帰って来れてよかったです。私の住んでいるRenoは田舎の安全な町ですから。

 ハロウィンは、
 キリスト教の諸聖人の日の前晩(10/31)に行なわれる伝統行事。ケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れらたものとされています。ケルト人の1年は10月31日で、この夜は、死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられています。
 きっと服部君も色々な思いで家族に帰っていることでしょう。
そんなことを考えるアメリカでのハロウィンでした。

この事件は映画化、書籍化されています。
映画:The Shot Heard Round The World 世界に轟いた銃声 (1997)
本: 海をこえて銃をこえて、留学生・服部剛丈が遺したもの
HP:http://www11.plala.or.jp/yoshic/    (Yoshiの会)
(Please look this HP)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/01 17:32】 | 日本と米国 | TrackBack(0) | Comment(3) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。