だっくくろっく

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
自分の習慣を捨てよう
自分の習慣を捨てよう
習慣は「自分がいつも行う事」。
大概、この習慣は悪いものが多い。
・だらだら時間を過ごす
・早起きができない
・効率よく仕事ができない
・なんとなく過ごす

なかなかよい習慣が思い出せない。
なんでこんな事考えたか、というと
このままの勉強ペースではアメリカ人には勝てないし、
他の国の人たちにも競争できない。
自分の方が他の人より勉強でも仕事でも上手にできない。
何がいけないか考えたら、この「習慣」に原因があるのでは・・・。
自分のすべての習慣を捨てて、新しい習慣を見つけよう。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/06/22 10:30】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(1) |
A Creative Revolution創造革命
A Creative Revolution創造革命
A Agricultural Revolution農業革命で、土地があらたな価値を生み出し、
A Industrial Revolution産業革命で、資本が価値を生み、
A Information Age情報化時代で、コンピューターと技術革新が価値を生み出した。
人類は3つの急速な発達をとげましたが、次に起こる革命について考えたことがありますか?The Wall Street Journalに出ていた、”Forward Thinking” という記事によれば、「創造革命が起こる」と。

創造革命とは何か?
ここでの創造とは、デザイン、ファション、広告、TV、映画のような産業に当たります。
つまり、このような産業が急激に成長する

この話を聞いて、日本でもその傾向が進みつつある、と感じた。
代表例が日本のアニメーション。日本だけでなく海外でも絶大な人気です。
アメリカのDVD屋に行き、初めて見る日本のアニメがあるほど様々な種類のアニメが置いてあります。このような会社は、不況の中でも元気な成長をしています。

その他として、ゲーム産業。国内のゲーム人口が減りつつありますが、海外を見ればまだまだ成長しています。アメリカの小さな子どもはゲームボーイを持ち歩き、大人はPS2やXBOX360に熱狂しています。

この創造革命は情報化時代と新しい技術によりさらなる進歩を遂げる。
飛躍的なこの2つの進歩により、どこでも好きな時に情報を得ることができます。
例えば、
携帯を使ってニュースを見たり、株の情報を得たり、明日の天気予報を見たり、
今ではインターネットを使い、本をダウンロードができます。
「これらの情報を早く得て、
これらの情報を利用して次に何が起こるのか、または新しいアイデアを考える人が成功する。」
そんな創造革命の世界が、もう目前に着ているのです。

つまり、繰り返し同じような作業をする仕事はロボットに任せて、
人間はロボットができない新しいものを考え造らなければならない。
みなさん、そのような準備はできていますか?

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/03/07 07:29】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(0) |
究極の目標
究極の目標
アメリカに着ておよそ6ヶ月が過ぎようとしています。そこで、
日曜の半日暇な時間ができたので、今現在の目標を書いてみようかな。
急に目標を書く気持ちになったのは、
1997年に発行され国際的に人気のある本『7つの習慣』(著者スティーブン・R・
コヴィー)の中にあるミッションステートメントに影響を受けたからです。

「ミッションステートメント」とは、個人の考え方の指針であり、結果として「行動」の基準になるものです。人生の目標みたいなものです。

『7つの習慣』というタイトルを見てわかるように7つの項目に分けられています。
(家族、友人、精神、仕事、経済、教養、健康)
これら7つの項目について、「自分が一生をかけて理想な人間になる」ために必要な目標を書きます。そして、毎日この木曜ノートを見て自分の理想像を追い求めます。
私の理想像を!

家族
 結婚して幸せな家庭を持つ。
 妻や子供たちから信頼される頼りがいのある父親になる。
 なによりも家族の事を一番に考えて家族との時間を大切にして行動する。

友人
・ 友人とは、お金に関係なく、いつも変わらない思いやりを持った優しい気持ちで接する人に。
・ 友人が困っていたり、助けを必要としている時は、真っ先に手を差しのべる人に。
・ 友人にはいつも頻繁に自分から連絡をする人に。
・ 常に、友人を広げるように意識して、人との出会いを大切にしよう。人との出会いは、前向きに、ポジティブに、積極的に。

精神
・ 仲間を幸せにする、仲間から信頼される、仲間から愛されるリーダーになる
・ 人間が大好きな、明るい、温かい人になる。
・ 将来、考え方、方向性を明確に語れる人になる
・ 常に笑顔で、その場を明るくする存在でいよう。
・ 初対面の人に対して、自分から明るく挨拶をする人に。
・ 人の話を真剣に聞き、しっかり相手の目を見る人に。

仕事
・ 好きな仕事を続けよう
・ 常に向上し続ける仕事を選ぼう。
・ 自分の勉強や仕事に誇りをもる
・ 自分の仕事や仕事を好きでいよう。

経済
まだ考えられない。

教養
・ 週最低3冊、月12冊、年間144冊の本を読み続ける
・ 自分で得た教養や知識を惜しみなく他人に伝えることを習慣づけよう。
・ 料理を一生の趣味として極めよう。

健康
・ 平均寿命まではがんばって生きる。
・ 毎日運動を欠かさない。

色々と考えた目標ですが、紙(インターネット)に書いた以上がんばって達成してきたいと思います。
「日々の努力が、自分の将来を決める」
この言葉を信じて、残りの人生を送ろう!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/02/13 10:57】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(1) |
 誤訳を無くすために自分で英語を話す。
 誤訳を無くすために自分で英語を話す。
 シアトルマリナーズに所属する野球選手イチローが日本の新聞者に対してチームの状況を話しました。
「試合前に若い選手がカードゲームしている。練習を進んでしない選手がいる。」
これらは、事実で監督やベテラン選手も知っていること。
この次に書いてある事に、疑問を感じた。
「このようなチーム状況では勝てるわけがない!だから2年連続の最下位。」
チームの輪を乱したくないイチロー選手らしくない発言で何かおかしいな。と思っていました。

 この発言は、日本人の記者がアメリカの記者に話して、英語でシアトルの新聞に書かれたそうです。ここで問題が発生したのです。当然、アメリカの記者は日本語を理解できないので、日本の記者が英語に翻訳した。でも、イチロー選手の本当に伝えたかった内容は伝えられず、チームの最下位に対する愚痴という記事になってしまった。また、記事を書くときに本人の意見のように記事を書いてしまったところに失敗があった。

 このような通訳や和訳で自分の意見が正確に伝わない例をよく聞きます。このような誤解を防ぐためには、
その情報が誰に伝えるためなのか?
日本人、それともアメリカ人、イタリア人、フランス人。その都度、その伝えたい人に対して言葉を使い分ける必要がある。
 
その例として、サッカー選手の中田選手はイタリアでインタビューを受ける時は、必ずどこのTV局か、またどこに放送されるか聞き、日本語またはイタリア語で分けて話したそうです。今は、イングランドに活躍しているので、英語で話しているのでしょうか。

 何で英語を勉強しているのか?
きっとこのような誤解を無くして本当に心の底から友達になれるために英語を学んでいる。さらに、第二外国語でアジアや南米の人とも英語で話して友達になることができる。
これが、私が英語を学ぶ理由。

そんな事を考えさせる記事でした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/12/07 10:22】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(1) |
レオナルド・デカプリオ、木を植える
レオナルド・デカプリオ、木を植える
映画スター、レオナルド・デカプリオ氏が荒れた土地を購入して木を植える事業を進めたそうです。
 アメリカに来る前の私なら話題づくりのために森を作ろうとしているなぁ。金持ちは何でもできるなぁ~。とか考えました。
 しかし、アメリカに来て福祉活動を熱心にしている人達を多く見かけます。
お金のある裕福な人たちは、少しでも世界のために役立ちたい。
と考えるアメリカ人がたくさんいます。
 きっとレオナルド・デカプリオも同じような考えを持っているのでしょう。
ちなみに彼の購入した土地は、アメリカ、スペイン、インド、メキシコ。
なぜ、これらの地域の土地を購入したかよくわかりません。

 自分も裕福な家庭を持ったら、世界のためになることをしてみたいですね。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/08 07:55】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(0) |
よりよい世界に変えるために必要なことは?
よりよい世界に変えるために必要なことは?
 英語を覚えて、よりたくさんの情報をたくさん早く得ることができるようになりました。
その情報は、一般的に日本から遠く離れて国や地域のことが多いです。
例えば、
・南米の貧困差は目覚しく大きい
・税金の厳しすぎる取り立て方
・賄賂が蔓延している点
・悲惨な内戦の話

インターネットでメキシコやコロンビアの悲惨な内戦や事件の記事を読む機会がありました。英語を学ばなければこのような記事に出会う事はなかったでしょう。

また、アメリカに来て学校に入らなければ、このような悲惨な事件の起こる国の出身の友達に出会うこともなかったでしょう。
色んな人や記事に出会ってよりよい世界を作るために何ができるのか、と考えました。

しかし、私達が遠く離れた中東や貧困な地域をすぐに変える事は難しいです。
その理由に、何をしたらよいのかわからない点。

この難しい問題を解決するために私はいつもこの言葉を考えて行動しています。

To change the good world.

If we think we want to change the good world, we should change ourselves
At first ourselves, next we can change your friends, environment, region, and country.
Finally we can change would. The order always is the same.

世界の流れを変えるために

  もし、平和な世界に変えたいと願いなら、自分自身を変えなければならない。初めに自分自身、次にあなたの周りの友達、身近な環境、地域、国、そして最後に世界を変えることが来ます。この順序は決して変わらない!

と言っても、自分も変えることも大変難しいのに・・・
でも、大切な事は強い意志そして大きな夢を持つこと。

まずはみなさんもやりたい事を紙に書いてみよう!

・世界中を旅行したい
・料理が上手になりたい
・中国語、スペイン語が話せるようになりたい
・英語が完ぺきに
・2年以内に、母国語が英語である友人を30人以上作る
・自転車で全都道府県を制覇
・世界平和
1019p1

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/10/20 13:08】 | 改善Kaizen | TrackBack(0) | Comment(1) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。