だっくくろっく

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
良き指導者
良き指導者

家庭教師で生徒にはじめて勉強を教える側になり、生徒にとってどんな教え方が適しているのか?頻繁に考える。

小中高、大学、そしてアメリカの大学でたくさんの先生に出会ってきた。たとえば、口うるさい体育の先生、実験中心の理科の先生、英単語を覚えなさいという先生。

学習方法で最も影響を受けた先生は、アメリカの語学学校の先生方だと思う。
具体的にいえば、
1.自分が書いたエッセイをクラスメイトと取り換えて、添削しあう。友達の上手な表現や正しい文法を真似したり、逆に、友達がどこで間違いやすいのか、理解できる。

2.授業中集中せず友達と話していたら、「あなたたちは高い授業料と大切な時間を使って、わざわざアメリカで英語を勉強しているのよ。今、勉強しないで。いつ英語の勉強をするの!!」と激怒される日も。

3.先生は私たちの間違った文法や構文を指摘して、私たち自身あるいはクラスメートが間違いを直し合う。先生はあくまでもヒントを与える。

出会った先生から
最高の指導者は、
 学習者が自ら問題を考えさせて、
 間違いがあれば指摘してあげて、
 ヒントを与えながら、
 学習者が問題の解答を導けるように指導する人物。

具体的に物理の問題で考えれば、
20070803152054.jpg

先生:物体にはどのような力がはたらきますか?
生徒:重力。 (わからない場合は教科書を開かせる)
先生:どうして重力があるの?
生徒:う~ん、わからない。
先生:教科書の00ページを開いてみよう。
   万有引力の法則について説明を読んでごらん。
   ・・・

 経験上、先生が話す内容なんて、学習者はすべて覚えられない。やっぱり、自分で苦労して、
こうでもない。
ああでもない。
と考えることで、はじめて法則や公式が頭の中に記憶される。そして、物理が理解できるようになる。

こんな指導者になろう。
スポンサーサイト
【2007/08/03 15:31】 | 教育 | TrackBack(0) | Comment(0) |
 ニュースのリポーターに挑戦
 ニュースのリポーターに挑戦
 リスニング・スピーキングのクラスでTVのニュースをやることになりました。
ビデオカメラを借りて本格的にニュースを作るみたいです。
アメリカっていう国は、何かをすると決めるとトコトン本物に近づけたいと思う国ですね。
たまにそこまでしなくてもいいのに・・・と感じる時があります。
先生から、TVを見てよい表現を覚えてください、というアドバイスを受けました。

 このアメリカの授業を受けて、
大げさですが、あらゆる職業に就くことができるような授業だと思います。
新聞記事を書いたり、
TVのニュースを作ったり、
プレゼンテーションで環境や国際問題などを調べて発表したり
準備をするのが大変ですが知識が身につくので良質の授業だと思います。
まるで日本の総合学習みたいな物ですね。

 さて、日本の小中高校の授業はどうなんでしょう。
総合学習という私にとって未体験の授業の評価を新聞等で見ていると、
あまりよくないとささやかれていますが、
結果をすぐに求めてはいけないと思います。

 試験で一時高得点を取っても、1年後や2年後にはその内容は忘れてしまいます。
しかし、総合学習のような協力して行なう勉強は、すぐには忘れません。
これからも日本の学校ではこのような授業を促進して欲しいです。

ちなみに、アメリカの小中高では、このような授業が多いみたいです。
小さい子供をキャンパス内で見かけることがあります。彼らは大学で何を学んでいるのでしょうね。気になるところです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/11 16:29】 | 教育 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Sep 8 英語を覚えてたくさんの人と話そう
Sep 8 英語を覚えてたくさんの人と話そう
 週の終わりに近づくと身体も精神も疲れ、ボーっと授業を受けがちになります。その瞬間に先生は質問をぶつけてくるので、全く休む暇がありません。授業は当然寝てはいけないのですが、気の抜ける時間がないのも辛いです。クラスメイト11人という少なさも先生の管理が行き渡る1つだと思います。

 会話の授業で、Andy先生と料理の作り方で意気投合してしまいました。Andyは世界76カ国回っただけあって、世界各国の料理が作れて驚きます。聞いたことのない食べ物の名前がたくさん出てきて、私にとっては新しい料理にチャレンジするよい刺激になります。

 私は、味噌汁やすしの作り方や味噌の種類をがんばって英語で説明しました。共通の話題を持つととことん話せます。そして、お互いの考えを交換でき、楽しく過ごせます。会話はやはり、いつも楽しくないとダメだと思います。と、このRenoに来て、英語を学び2週間が経ちそう実感がします。もっとがんばって英語勉強してたくさんの人と話したいと思います。

テーマ:アメリカ留学 - ジャンル:海外情報

【2005/09/09 14:04】 | 教育 | TrackBack(0) | Comment(0) |
時代に合った教育を
時代に合った教育を
アメリカに来て10日目。今まで過ごして日本がこんな風になればよいな。というものを書かせてください。
・ 高校で半年、あるいは1年間留学して自分の人生設計をしたらよい。
・ 自分の好きなことをさがすのがよい。
・ 自分の一番行きたい大学を見つける。
・ 自分の経歴を上げるために日本に来る留学生が多くいる。
・ 英語を覚え自分のキャリアをあげる。
・ 日本の教育が時代にあった英語教育に変わってほしい。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/08/31 04:44】 | 教育 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。