だっくくろっく

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
人生で一番長い夜
人生で一番長い夜
チリ渡航日記の目次に戻る
電車の掲示板ポケモン電車

これから飛行機に乗ってチリに行ってきます。
日程は、
中部国際空港ー>成田
成田ー>ダラス(アメリカ)サンチャゴー>カラマ
です。
24時間近く飛行機になることになります。。。日本の裏側は遠いですね。

名古屋市内から空港まで電車で行くと、
ポケモンの広告が全面にある電車に乗った。
やっぱり、日本のアニメは、
ドラえもん、ポケモン、
だよね。

今日は強風が吹く荒れた天気。
成田の貨物機が強風のために横転した事故が最近あったけ、
いやだね。豚インフレンンザもはやっているようだし、
パッケージツワーの方々は、みんなマスクしていたし、
ある意味怪しい軍団が出来上がっていた。
成田までの飛行機浜名湖
      乗った飛行機           浜名湖
伊豆大島房総半島
      伊豆大島              房総半島

美しい日本の風景を見ながら、50分のフライトで成田に到着した。

成田では、GWの出向ラッシュのためセキュリティーを通るのに、1時間30分かかった。
ふと、時間を見ると、もう飛行機に乗り込む2時間前になっていることに気づいた。
成田ですることは特に何もないので、飛行機の乗り込むゲートで出国を待った。

AA飛行機
    アメリカン航空
機内食夕食機内食朝食
     機内食 夕食          機内食 朝食
ダラス日本食微細くな熊マック1
     ダラスの日本食      ダラスのチョコレート屋         マクドナルド  

ダラス空港でチリ行きの飛行機を待っていると外は、もう暗くなっていた。
このとき、
「一日で2回目の夜を迎えるのかぁ~」
と感じた。

つまり、日本からアメリカ間で夜を明かし、アメリカからチリ間で2回目の夜を明かす。
飛行機に搭乗時間は24時間。
きっと、チリから日本に帰ってくるときは、日付変更線を越えるために一日損をするんだろうな。

なんて考えていたら、椅子で眠っており、もうすでにファーストクラスとビジネスクラスの搭乗が始まっていた。危なくの過ごす所だった。

アメリカ-チリ間は、非常に退屈だった。だって、1日に2回目の夜。
もう日本とアメリカ間で十分睡眠を取りましたよ。

この時ほど「時間よ、早く過ぎろ」と感じたことはありません。
飛行機がサンチャゴ(チリ)空港に到着するまで10時間ほど瞑想した。

空港職員もお店もほとんど英語がしゃべらないことに戸惑いながらも
メールの返信や食事をしていたら、
サンチャゴ空港

テレビ局の取材が殺到していた。
はじめ、豚インフルエンザかな。と思ったが、ぞろぞろサッカーのユニホームを来た人たちが国際線ゲートに入っていくのを見て、サッカー選手だと気づいた。
Wcupの最終予選の試合でもあるのでしょうかね。

世界のキティカラマ空港
   キティちゃんを扱う店        カラマ空港

チリ国内のLAN航空に乗り換えて、カラマ空港に向かいました。
これが、本日最後の飛行機である。
今回の旅で4回目の飛行機で、もう乗り飽きていた。

カラマ空港に到着すると、発着ロビーにゲートが繋がっておらず、
写真のように階段で地面までおりて、歩いて荷物を受け取る場所に向かった。
こんな空港は、日本であるのでしょうかね。何もかもが驚きの連続でした。

トランスファーという空港から宿まで車(大型乗り合いタクシー)で運んでいただける手続きをして
不安になりながら、車に乗り込むと、窓を叩く、人が。。。

よく見ると、3週間ほど前にチリに到着され、望遠鏡の立ち上げを行っているスタッフの方だった。
どうやら、トランスファーに予約をしたが、返事がなくて不安になって、
1時間かけて、空港まで迎えに来てくださったようです。

こんな知らない土地で知っている方に会うと、この瞬間、本当に安心しました。
せっかくお金を支払ってしまったので、トランスファーに乗り
目的地サンペドロdeアカタマに向かいました。

疲れながらも外を見ると、一面の星空が見え、驚いた。
長い長い一日でしたが、無事に滞在する家に到着した。

チリ渡航日記の目次に戻る


スポンサーサイト
【2009/05/06 12:29】 | 初チリ | TrackBack(0) | Comment(0) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。