だっくくろっく

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
私の生きる根源
私の生きる根源
 「三つ子の魂百まで」ということわざがある。自分は3歳までに何をしていただろう。と考えても何も思い出せない。そこで、年齢を3歳から5歳に広げると、私のひとつの町が浮かんだ。
私が幼い頃に住んだ町、高山

岐阜県高山
位置はこんなところwidemap.gif

町の風景は
105_0556.jpg

119_1956.jpg

一応、市なのですが、自然たっぷりのいなかです。

私は5歳までにこの高山で何をしていただろうと考えたところ、

・保育園で、どろんこになるまで外で遊び、ゴエモン風呂(ドラム缶風呂)で泥と汗を流す。

・朝早く保育園に行き、うさぎにりんごの皮をあげつつ、自分でも皮を食べる。その時、なぜ、りんごの皮を食べ続けたのか、わかりませんが、きっとうさぎの気持ちを知りたかったのでしょう。(今でも私はりんごの皮が好きです。)

・家の前の川で、兄ちゃんのつりを見たり、蛍を鑑賞していた。

・家の中も、外も、くつや靴下をはかない生活。素足から自然の力を吸収していたというとかっこいいですが、実際は、足の体温が高いから靴や靴下を履きたがらなかった。

そんな変な子どもでした。あと、じっとしていられない子ども。

これらの行動の共通点は他人から与えられるより自分で遊びを作る。
例えば
・ありの足を一本切っても生きているが、触覚を一本切ると、みんな死ぬ事を発見。
・四つのクローバーをずっと探したり、クローバーの花で王冠を作る遊び。
・夜空の星を眺めて、ぼーとする事。

最近のこどもは、与えられた物事で満足しちゃうんだよね。
・DSとかTVゲーム
・まんがやテレビ
・勉強
本来、こどもは何も与えなくても、勝手に自分で遊ぶを作り楽しむ事が好きだと思う。
(男の子はヒーローごっこ。女の子はおままごと)作られた物事は、ある一定の感動や面白さを受け取るけど、限界がある。

私は小中と全く勉強してこなかったが、大学に行けたし、大学院にも通える。そう考えれば、中学生までは、好きな事に没頭する事が将来役に立つと思う。

高山という町が私を作り上げたのだろう。
105_0555.jpg

スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2007/08/02 01:49】 | 自分探しの日記 | TrackBack(0) | Comment(0) |
世界進出お好み焼き
世界進出お好み焼き
あなたが最も望む日本料理は何か?

と、かつてカジノでアメリカ人に質問した事がある。

すしやラーメンという答えをする中で、
一度日本に来たことのあるアメリカ人は
絶対に「お好み焼き」と答える。

理由を考えたところ、
お好み焼きは確かにお値段も手軽で買いやすい。
そして、アメリカ人の好きなピザに似ているところも
好きな理由なんだろう。

アメリカでお好み焼きビジネスをしたら絶対に売れる。
と、確信して、販売しようと思ったが、
お好みソースの値段の高い点と
アメリカ人好みのソースがわからず断念した。

でも、このビジネスは必ず成功する気がする。
お好み焼きソース大手の「おたふく」に交渉してみたいです。

アメリカのみなさん
お好み焼きソースがウォルマートで売られる日が近いかもしれません。
もし必要なら、みなさん協力してくださいね。
【2006/09/17 23:04】 | 自分探しの日記 | TrackBack(0) | Comment(1) |
名古屋の自慢の科学館です
名古屋の自慢の科学館です
p910


研究テーマや仕事を決める何かのきっかけに、と
名古屋自慢の科学館に行った。

何がすごいのか、というと
科学館の職員の人達が毎月違う内容のプラネタリウムの話を作り放映する。
そのプラネタリウム目当てに、年間50万人近くの来客です。
7割近くが何度も来るリピーター。
私もその一人。

つらい時やへこんだ時、プラネタリウムを見て元気になるほど。

ドームに映し出される綺麗な星空
ゆったりな音楽
やさしく語り掛けるナレーター

物凄く感動するので、
名古屋による機会がある人は、ぜひ一度名古屋科学館のプラネタリウムを見てください。

2年ぶりに来場する科学館
展示物もかなり変わっていた。

環境を考えた展示物に、クリーンエネルギーの開発
ロボットを操作してサッカーをしている子供がいた。

科学館も進歩するんだなぁ~。びっくり。

科学館に登場する物理学者になってみたいね。
100年後以上に残る偉大な発明や発見をして、
世の中に貢献する研究者になる、と誓った一日だった。
【2006/09/10 22:28】 | 自分探しの日記 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。