だっくくろっく

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
センター試験の結果
センター試験の結果
英語    180
Listening   50
国語    133
地理B     81
数学Ⅰ    83
数学Ⅱ    59
物理Ⅰ    85

800点満点で628点、850点満点で678点
センターリサーチによれば、
          河合塾  代々木  
広島大学      B    B    
名古屋大学     C    C
東京大学      D    D
という判定が出ました。

今回の試験は、様々なミスが発生。センター試験を作る方認めませんが。
実際にセンター試験をして、よくわからないと所がありました。
科学の選択を間違えた。IBを探したのにないし。
数学Ⅱの選択問題の多さに驚いた。
これもすべて新課程の影響ですけど。

数学2Bで毎年出ていた複素平面の問題が無くなり、
新課程の人は学んでいないと思うと残念です。
複素数という新しい概念を使って、文字とグラフを融合させるよい問題と思うのに。

アメリカ人の数学力には驚かされます。
2分は何時間?
という問題が大学生でもわからないというのです。
こうゆう問題が解けなくならないように日本も教育をしっかりして欲しいです。

スポンサーサイト
【2006/01/30 05:16】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(3) |
ジェネレーションギャップを感じた地理の試験
ジェネレーションギャップを感じた地理の試験
地理は、第五の理科の科目と呼ばれるくらい科学的な情報をよく使う
二次試験で理科として受けられる大学が一部であるほどです。
ここ数年必ず環境問題が出題され、現代の社会事情をうかがうことができる。

以前は、先進国の問題がよく出題されたが、ここ数年
南アメリカ、アジア、アフリカなどの発展途上国の問題が多く出題。

問題についても若干の変化がある。
国名から、
その国が海に面しているのか、山に囲まれているのか
などマップを思い浮かべなければならない。
質問内容も詳細に知らなければならない。
環境問題でこんな問題がありました。

ドイツは、自動車部品のリサイクルを推進して、都市部では自動車の規制をしている。
イギリスでは、急速な高齢化により、年金制度や住宅のバリアフリー化が進んでいる
ロシアでは、市場経済導入後、伝統的な暮らし方は見られなくなった。
リベリアでは、砂漠の拡大で伝統的な生活様式で砂漠化対策が進んでいる。

また、エルニーニョによる各国の影響や対策を問う問題もあり。

地理は古い知識や数値を詰め込むより、
山や海などの地理的要因から起こる災害を考え、各国がどのような対策をしているのか
どんな地域にどの資源が多く埋蔵されているのか
地図の読み取り
など生活に密着している問題を扱う。

今年の現役受験生は、週五日制なり新課程のカリキュラムと知った。
もう、私達の使っていた教科書の内容じゃないだなぁ~。
世代交代を感じさせる地理のテストでした。
受験当時の力は劣るが81点。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/01/24 14:17】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(1) |
国語の試験内容から国民性がわかる。
国語の試験内容から国民性がわかる。
日本語のテストにおいて、多くの問題は
「この論理はどういう事ですか?」
「登場人物の心情を選びなさい。」 と聞かれます。
つまり、文章を読んで、
論理を理解して言い換えたり、登場人物の感情や心境を考えなければなりません。

ところが、アメリカでは、通常次のような問題が出されます。
登場人物が初めにした事は何ですか?
筆者はこのように思います。あなたはどう思いますか?
この考えに賛成ですか?それとも反対ですか?その理由を書け。
文集理解の問題は、誰が何をいつどこでなぜしたか、を聞く。
その他の問題は、自分はどのように思うのか?
↑の問題に答えなんて無いに近い。上手に論理的に書ければすべてOK。
だから、アメリカの大学の入学は広き門なのかもしれません。

日本人が相手の気持ちを考え、
アメリカ人が相手のこと考えずにはっきり言うのには、
このような母国語のテストによるものだと気づいた。

その一つの例としてテロに対する報復があげられます。
自分たちの国が攻撃され、また攻撃の恐れがあるから、
自衛のためにテロ支援国を攻撃する。

経済的にも資源的にも世界第一を誇る国が
武力で相手を従わせる事は、少々考えれば子供っぽい。
この行動は、母国語の英語による強い自己主張、個人主義に違いない。

ちょっと考えて、
日本語を使い相手を気づかい傷つけないようにしてきた日本人が
テロを受けた時どのような行動を取るのでしょうね。

憲法を改正して
武力により相手を支配するのだろうか?それとも、
テロをしてきた人々の気持ちを考えて。
「戦いからは何もよい事は起こらない」
と悟り、平和的に解決するのでしょうか?

そんな事を考えさせる国語のテストだった。
わたしの国語の点数は133点。河合塾の速報によればちょうど平均点。
まだ、私は相手の気持ちが理解できていないのかなぁ~

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2006/01/24 14:16】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(0) |
英語
英語
私の受けた2003年と傾向が同じ。リスニング制作で忙しくて新しい問題が作れなかったと見える。
と思いきや、文法問題で前時詞やイディオムを問う問題が出てきて戸惑った。
さらに、高校時代よく先生が口癖のように言っていた
「必ず毎年センターでは関係代名詞か関係副詞は1題出題される。」
でも、関係代名詞も関係副詞もどちらも出題されなかった。

日本人が書く英文でやたらと関係代名詞を連呼する人がいる。しかし、
アメリカで英語を学習して、ネイティブはあまり関係代名詞を使わないことに気づく。
動名詞やTo不定詞で書くことが多い。

長文を読んでいて受験の時には気づかなかったが、よくここまで易しい単語で長文をつくるな~と感心してしまった。
難しく問題を作るのは、難しい単語やわけのわからない構文を使えばあっという間にできる。
結構苦労して問題を制作している。と受験時には全く考えなかったことを感じた。
この長文の内容は、アメリカの小学校高学年のレベルかな。

===文法問題はいつかなくなるのでしょうかね?===
留学のための試験TOEFL(この試験はアメリカが制作)では、文法問題がなくなりました。(コンピューター版のみ)
その代わりに、スピーキングが導入されました。
この背景には、「アメリカの大学からスピーキング能力の低い留学生が多い。」
という指摘からスピーキング試験を作り、文法能力は英作文とこのスピーキングから見ようとなったそうです。
つまり、もう文法のみ答えさせる能力なんかより英作文やスピーキングの時の文法の能力を方が必要。合理主義を求めるアメリカらしいと。

日本の文法問題が消える日がいつか来るのでしょうか?
消えても、数十年後でしょうけど、

===日本とアメリカでは、文法の教え方は全然違います。===

日本は、初めに先生がうんたらうんたら文法を説明します。
そして問題を繰り返し解く。

アメリカは、始めに英文を書かせ、ここの文法は正しくはこう書くのよ!と
他にも、このような例があります。と説明します。
初めに生徒自身が間違えてそして解説する。だれも間違えなかったらどうするって?
生徒は何十人もいるので必ず先生の思惑どおり間違える。

前者は初めに文法を頭にたたきこむ。
後者は間違いを指摘されながら徐々に身につける。

どっちの学習方法がよいのかは人それぞれでしょう。

文法と文の並び替え間違えて180点でした。
受験時にこれだけ取れていればよかったのですがね~。
あの時はこの半分くらいだったな~。

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

【2006/01/23 07:20】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(0) |
 センター試験、英語リスニング
 センター試験、英語リスニング
2006年からセンター試験にリスニングのテストが導入。各地でトラブルが発生したみたいですね。
音声のスピードが遅くてちょっと驚いた。これが完璧に聞き取れても実生活では生きていけない。この2~3倍早い聞き取り能力が必要。英語の試験の中にリスニングを組み入れると思っていたのですが、別枠でリスニングを行なったみたいですね。

++++++++問題の傾向+++++++
全部で25問の五十点満点。
最後の問題以外、1つの英文に対していつの問題なので、
5W1H:what, who, when, where, why, how
を気をつけて聞き取ればほぼ問題ないと思われる。
さらに、ありがたいことに質問文もその回答も書かれているので
先に呼んで会話を推測するとラクに解けるかと。

++++++++対策+++++++++++
当然たくさんの英語を聞く。
一日英語だけで過ごすのもよい方法かも。
ただ聞いていてもリスニング力はなかなか伸びない。
より効率的に伸ばす方法として

英文を聞いて、
オームのようにその英文を自分の口で言うシャドーイング

その英文を忠実に一時一句書き止める

そのとき、自分の弱点を知ること。
動詞の現在形と過去形がうまく聞き取れない
名詞が単数形なのか複数形なのか?など
間違ったら次回気をつけてその英文を集中して聞く。

+++++++++聞く題材は?+++++++++++
学校で使う教材や大手予備校の参考書なんでもよいと思う。
大切な事は、毎日少しでもよいから聞くこと。

私がリスニング力を伸ばした物を紹介します。
インターネットが使えればタダなのでかなりお得です。
www.voanews.com/special
このサイトはアメリカのニュースを英語学習者に易しい単語で放送する。
英文のスクリプトもついているので目で英文を追いながら聞き取るのもよい。

ニュースの内容もアメリカの生活から政治までと幅広く取り上げられているので知識がかなり増えると思います。
そして、何よりも英語を学ぶことで世界をもっと知ることができる事に気づくでしょう。

++++++アドバイス++++++++
リスニング力は1日聞かないだけで2日前に能力に下がり
1週間聞かないと1ヶ月前の状態に戻るといわれています。

だから毎日聞こう!と
でも、
人間ラクな方に生きる
からたまに聞かない日があるでしょう。

そこで、あなたに問います。
なぜ、リスニングの力を上げたいのか?
大学入試でよい点数を取るため?
それもよいと思いますが、もっと目標を高く設ける。
海外の人と話すため、海外で働くため、給料を多くもらうためなど

つまり
高い目標を作り、それに向かって日々がんばる。
強い意志があれば誰でもリスニングはできる
(日本語が聞き取れれば)

++++++++リスニング試験より+++++++++
日本特有な変な問題でなくよい問題だと思います。
数年前に受けていた私の高校の英語教育から、
このリスニング問題導入でずいぶんと変わったことでしょう。

さらに小中学校の英語教育もリスニングに力を入れていることでしょう。
日本がこれから国際社会に活躍するためにも英語は必要だと思います。
学校の先生方がんばってください。

テーマ:勉強法 - ジャンル:学校・教育

【2006/01/23 07:19】 | 試験 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。