だっくくろっく

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
To End All Wars
To End All Wars
1126p

 今日も映画。今回は見ていない人が多いと思います。
Argyll Film Partners MM II, ALL RIGHTS RESERVED より
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第2次世界大戦中、日本軍は次々にアジアを占拠。そんな中、マクリーン中佐率いる部隊は日本軍に捕らえられて、捕虜収容所に強制収容されてしまった。そこでは、ビルマのジャングル地帯を走る悪名高い“死の鉄道”の敷設工事のために、何百人という戦争捕虜たちが強制労働させられていた。

日本軍の虐待行為と劣悪な生活環境や飢えから、捕虜たちは精神的にも肉体的にも蝕まれ始めていった・・・。絶望的極限状態の中で、人間は“人間”として生き抜くことができるのだろうか!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 日本軍がいかに残虐・非道なことをしてきたか、をアメリカ・日本の双方の証言者から再現した映画です。その証言者を調べたところ、二人の人物を見つけました。アーネスト・ゴードン氏と永瀬隆です。

 この収容所を体験したゴードン氏は次のような事を「クワイ河収容所」という書物に書き残しています。
「日本人は自分たちとは違った独自の文化を持っている事を理解すべきである。日本人は(武士道)精神を持っているのだ。しかし、虐待を受けた連合軍が補償を要求するのももっともなことである。」 戦後、ゴードン氏は牧師になり世界を回ったそうです。

日本人の証言者の長瀬隆さんは、当時捕虜と指揮官の英語通訳として収容所で終戦まで勤務。そして次のようなコメントをしてます。
「この映画は体験者の語る真実です。戦争の残酷さを分かって欲しい」
また、過酷な労働や非道な残虐のために死亡した連合軍捕虜やアジア人労働者及び現地に放置された日本兵のための慰霊活動を現在も続けているそうです。

 よく武士道という言葉を聞きますが、実際に何が武士道なのか分からなかったので調べてみた。一般的に三つの時代分かれているみたいです。それは
・江戸以前
・明治時代
・軍国主事

共通している点を探したところ、次のような定義を見つけました。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
通常の概念では、君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位の者に仁慈を以てし、敵には憐みをかけ、私欲を忌み、公正を尊び、富貴よりも名誉を以て貴しとなす態度であるとされることが多い。さらにこれに、常在戦場を以て心構えとした武士の意識を重視して、日本特有の「死の美学」を付けくわえることもある
                              ウィキペディアより
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 私の一番知っている武士道は、
「君子のために命を捨てる事が出来る。
君子が亡くなれば、切腹する。」

 少し前に、なぜサムライは切腹をするのか?聞かれたことがありました。
私のこの武士道について話し、
「君子が亡くなれば、武士は生きる価値が無いのです。だから切腹する(腹切りする)」
と説明したのですが、自害する理由がまだ理解できないみたいです。それだけ、切腹するという行為が日本独特な習慣なんでしょう。この映画を見て、この映画を作った監督デビッド・L.カニンガムは武士道を理解したのかな?ちょっと聞いてみたい。

 武士道の次にこの映画で考えさせられた事は、第二次世界大戦で日本軍は大変すごい残忍非道な行動をしてきたんだな~。と
 捕虜を無理やり下等動物以下の扱いをしてジャングルに鉄道を作らせるなんて惨い事や日本軍が現地の売春婦を連れ込みさせる事や聖書を取り上げる光景や天皇の絶対服従させる所など、日本の映画業界には作れない作品だと思います。
日本の真珠湾攻撃を題材にしたパールハーバーより内容がしっかりしており、一度は見て戦争について考えて欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ留学 - ジャンル:海外情報

【2005/11/29 15:45】 | Movie映画 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Pay It Forward
Pay It Forward
1125p

昨日3,45ドルで買ったPay It Forwardを見ました。日本で見たことがあって内容は知っていました。音声を英語で字幕なしで映画を鑑賞してもっと英単語の勉強が必要と実感。

 映画を見て何より驚いた事は、このロケ地はわが州のネバタ州ではないか!!と気づいたことです。その理由は、前半に出てきた山の形と色、さらにあの独特の赤茶色の土が見えたから。土の色から地域が分かるようになったから、地層の研究でもしてみようかな。(笑)
さらに映画を見てみると、ラスベガスとわかった。私が一度ラスベガスに旅行した時に、ダウンタウンを歩き回り、町の建物を目に焼き付けた。その建物や風景を映画で出てきてびっくりしました。

 今まで想像の世界でしかなかった映画、それが旅行することで映画の映像は現実に存在する風景と実感した。アメリカ映画は外の実際の風景を撮ることが比較的に多いと思う。

 ネバタ州ってどんな所と知りたい人はPay It Forwardを見ましょう。
砂っぽくて乾燥していて生活しにくいところです。映画ではちょっと危ない子供たちが多くいました。ラスベガスはどうかわかりませんが、リノの子供たちは銃やナイフ持ってませんよ。

映画のコメントは、難しく私にはできないので省略。
一つだけ私の意見を。

社会科の先生が生徒に次のような宿題を与えました。
Think of an idea to change our world-----and out it into Action
世界を変えるアイデアを考えなさい。そしてそれを実践してください。

 私がこの授業を受けていたら、う~~ん、こう答えました。

「もし、平和な世界に変えたいと願いなら、自分自身を変えなければならない。初めに自分自身の変えたい事や夢を紙に書き、それを叶える為に努力をします。次にあなたの周りの友達にこの方法を教えます。そして身近な環境、地域、国、そして最後に世界が変わると思います。」
 でも、ここまで考える子供がいたら怖い気がします。
 アメリカの中学校ではこのような課題を出す先生が多いみたいです。一般的に答えが一つではない課題です。中学生には、様々な回答を作る練習をしたらよいと思います。自由な発想を持っている最後の時期だったような気がします。今の日本の教育はどうなんでしょうね。

 最後に、この映画を見て感動してくださいな~。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/29 14:20】 | Movie映画 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。