だっくくろっく

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

hama

メールフォーム

直接管理者Hamaにメールを書きたい人は、是非使ってください。どんな些細なことでもメール待ってま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

留学を終えて自由な人が自由にアイデアを書くブログ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
初チリの滞在日記
初チリの滞在日記
チリ渡航日記


4月27日 人生で一番長い夜
スポンサーサイト
【2009/05/06 12:34】 | 名古屋の町 | TrackBack(0) | Comment(1) |
人生で一番長い夜
人生で一番長い夜
チリ渡航日記の目次に戻る
電車の掲示板ポケモン電車

これから飛行機に乗ってチリに行ってきます。
日程は、
中部国際空港ー>成田
成田ー>ダラス(アメリカ)サンチャゴー>カラマ
です。
24時間近く飛行機になることになります。。。日本の裏側は遠いですね。

名古屋市内から空港まで電車で行くと、
ポケモンの広告が全面にある電車に乗った。
やっぱり、日本のアニメは、
ドラえもん、ポケモン、
だよね。

今日は強風が吹く荒れた天気。
成田の貨物機が強風のために横転した事故が最近あったけ、
いやだね。豚インフレンンザもはやっているようだし、
パッケージツワーの方々は、みんなマスクしていたし、
ある意味怪しい軍団が出来上がっていた。
成田までの飛行機浜名湖
      乗った飛行機           浜名湖
伊豆大島房総半島
      伊豆大島              房総半島

美しい日本の風景を見ながら、50分のフライトで成田に到着した。

成田では、GWの出向ラッシュのためセキュリティーを通るのに、1時間30分かかった。
ふと、時間を見ると、もう飛行機に乗り込む2時間前になっていることに気づいた。
成田ですることは特に何もないので、飛行機の乗り込むゲートで出国を待った。

AA飛行機
    アメリカン航空
機内食夕食機内食朝食
     機内食 夕食          機内食 朝食
ダラス日本食微細くな熊マック1
     ダラスの日本食      ダラスのチョコレート屋         マクドナルド  

ダラス空港でチリ行きの飛行機を待っていると外は、もう暗くなっていた。
このとき、
「一日で2回目の夜を迎えるのかぁ~」
と感じた。

つまり、日本からアメリカ間で夜を明かし、アメリカからチリ間で2回目の夜を明かす。
飛行機に搭乗時間は24時間。
きっと、チリから日本に帰ってくるときは、日付変更線を越えるために一日損をするんだろうな。

なんて考えていたら、椅子で眠っており、もうすでにファーストクラスとビジネスクラスの搭乗が始まっていた。危なくの過ごす所だった。

アメリカ-チリ間は、非常に退屈だった。だって、1日に2回目の夜。
もう日本とアメリカ間で十分睡眠を取りましたよ。

この時ほど「時間よ、早く過ぎろ」と感じたことはありません。
飛行機がサンチャゴ(チリ)空港に到着するまで10時間ほど瞑想した。

空港職員もお店もほとんど英語がしゃべらないことに戸惑いながらも
メールの返信や食事をしていたら、
サンチャゴ空港

テレビ局の取材が殺到していた。
はじめ、豚インフルエンザかな。と思ったが、ぞろぞろサッカーのユニホームを来た人たちが国際線ゲートに入っていくのを見て、サッカー選手だと気づいた。
Wcupの最終予選の試合でもあるのでしょうかね。

世界のキティカラマ空港
   キティちゃんを扱う店        カラマ空港

チリ国内のLAN航空に乗り換えて、カラマ空港に向かいました。
これが、本日最後の飛行機である。
今回の旅で4回目の飛行機で、もう乗り飽きていた。

カラマ空港に到着すると、発着ロビーにゲートが繋がっておらず、
写真のように階段で地面までおりて、歩いて荷物を受け取る場所に向かった。
こんな空港は、日本であるのでしょうかね。何もかもが驚きの連続でした。

トランスファーという空港から宿まで車(大型乗り合いタクシー)で運んでいただける手続きをして
不安になりながら、車に乗り込むと、窓を叩く、人が。。。

よく見ると、3週間ほど前にチリに到着され、望遠鏡の立ち上げを行っているスタッフの方だった。
どうやら、トランスファーに予約をしたが、返事がなくて不安になって、
1時間かけて、空港まで迎えに来てくださったようです。

こんな知らない土地で知っている方に会うと、この瞬間、本当に安心しました。
せっかくお金を支払ってしまったので、トランスファーに乗り
目的地サンペドロdeアカタマに向かいました。

疲れながらも外を見ると、一面の星空が見え、驚いた。
長い長い一日でしたが、無事に滞在する家に到着した。

チリ渡航日記の目次に戻る


【2009/05/06 12:29】 | 初チリ | TrackBack(0) | Comment(0) |
名古屋の町 黒川 名古屋城 栄
名古屋の町 黒川 名古屋城 栄
sakura1


sakura2

sakura3

kurokawa1

kurokawa_hana

meijyou1

nagoya_cas

tv1

sakae_yoru2

sakae_yoru
【2009/03/29 21:50】 | 名古屋の町 | TrackBack(0) | Comment(0) |
2007年夏中学の同窓会
2007年夏中学の同窓会

2007年夏、八王子中学校の同窓会の計画について

午前の部:三河大島海水場でBBQ & ビーチバレー
AI005801.jpg

1.日時:2007年8月16日
2.集合場所:午前9時八王子中学校の正門前
3.会費:4000円
4.計画内容
9:00 八王子中学校正門前に集合。集合しだいに車に乗り込み出発。

都市高速「黒川インター」
↓(料金750円、所要時間13分)
名古屋南JCT

東名自動車道「名古屋南」
↓(料金1300円、所要時間33分、距離44キロ)
音羽蒲郡

東名高速音羽蒲郡IC→オレンジロード経由(15分)
さらに蒲郡港の蒲郡観光汽船乗船場から遊覧船で15分

11:00 三河大島海水場に到着。

12:00 BBQの準備
昼食images.jpg

自由時間(海水浴するなり、バレーするなり遊ぶ)

16:30 船に乗る
帰宅順路は行きの逆。

18:00 中学校正門前に到着
午前の部終わり

5.持ち物
BBQする時、イスやテーブルがあると便利なのですが、どなたか折りたたみのイスやテーブルを持っている人いますか?

=================================================

夜の部 暑い夏を乗り越えよう会

1.目的:午前の部は忙しくて参加できないけど、夜なら時間がある人も交流できる会。お店は、黒川ガスビル地下一階の「厨一里」(予定)。時期が宴会シーズンなので、満席かもしれません。人数が決まり次第、お店の予約をします。なので、お店の変更はあるかもしれません。八王子学区の近場で探していきたいです。

2.日時:2007年8月16日
3.集合場所:午後7時黒川ガスビル前
4.お店:厨一里
お店の公式HP http://r.gnavi.co.jp/n233100/

程度の理由は、
宴会コースや飲み放題にすると時間で区切られてお店を追い出されるので、食べたい物や飲みたい物を注文しようと考えています。

お問い合わせ
上記内容または窓会についての問い合わせ
PCのメール:hamatyan2004@hotmail.com

参加者は随時イニシャル等を載せます。
午前の部
A.O

午後の部
A.O


【2007/08/06 16:19】 | バレー部 | TrackBack(0) | Comment(0) |
良き指導者
良き指導者

家庭教師で生徒にはじめて勉強を教える側になり、生徒にとってどんな教え方が適しているのか?頻繁に考える。

小中高、大学、そしてアメリカの大学でたくさんの先生に出会ってきた。たとえば、口うるさい体育の先生、実験中心の理科の先生、英単語を覚えなさいという先生。

学習方法で最も影響を受けた先生は、アメリカの語学学校の先生方だと思う。
具体的にいえば、
1.自分が書いたエッセイをクラスメイトと取り換えて、添削しあう。友達の上手な表現や正しい文法を真似したり、逆に、友達がどこで間違いやすいのか、理解できる。

2.授業中集中せず友達と話していたら、「あなたたちは高い授業料と大切な時間を使って、わざわざアメリカで英語を勉強しているのよ。今、勉強しないで。いつ英語の勉強をするの!!」と激怒される日も。

3.先生は私たちの間違った文法や構文を指摘して、私たち自身あるいはクラスメートが間違いを直し合う。先生はあくまでもヒントを与える。

出会った先生から
最高の指導者は、
 学習者が自ら問題を考えさせて、
 間違いがあれば指摘してあげて、
 ヒントを与えながら、
 学習者が問題の解答を導けるように指導する人物。

具体的に物理の問題で考えれば、
20070803152054.jpg

先生:物体にはどのような力がはたらきますか?
生徒:重力。 (わからない場合は教科書を開かせる)
先生:どうして重力があるの?
生徒:う~ん、わからない。
先生:教科書の00ページを開いてみよう。
   万有引力の法則について説明を読んでごらん。
   ・・・

 経験上、先生が話す内容なんて、学習者はすべて覚えられない。やっぱり、自分で苦労して、
こうでもない。
ああでもない。
と考えることで、はじめて法則や公式が頭の中に記憶される。そして、物理が理解できるようになる。

こんな指導者になろう。
【2007/08/03 15:31】 | 教育 | TrackBack(0) | Comment(0) |
私の生きる根源
私の生きる根源
 「三つ子の魂百まで」ということわざがある。自分は3歳までに何をしていただろう。と考えても何も思い出せない。そこで、年齢を3歳から5歳に広げると、私のひとつの町が浮かんだ。
私が幼い頃に住んだ町、高山

岐阜県高山
位置はこんなところwidemap.gif

町の風景は
105_0556.jpg

119_1956.jpg

一応、市なのですが、自然たっぷりのいなかです。

私は5歳までにこの高山で何をしていただろうと考えたところ、

・保育園で、どろんこになるまで外で遊び、ゴエモン風呂(ドラム缶風呂)で泥と汗を流す。

・朝早く保育園に行き、うさぎにりんごの皮をあげつつ、自分でも皮を食べる。その時、なぜ、りんごの皮を食べ続けたのか、わかりませんが、きっとうさぎの気持ちを知りたかったのでしょう。(今でも私はりんごの皮が好きです。)

・家の前の川で、兄ちゃんのつりを見たり、蛍を鑑賞していた。

・家の中も、外も、くつや靴下をはかない生活。素足から自然の力を吸収していたというとかっこいいですが、実際は、足の体温が高いから靴や靴下を履きたがらなかった。

そんな変な子どもでした。あと、じっとしていられない子ども。

これらの行動の共通点は他人から与えられるより自分で遊びを作る。
例えば
・ありの足を一本切っても生きているが、触覚を一本切ると、みんな死ぬ事を発見。
・四つのクローバーをずっと探したり、クローバーの花で王冠を作る遊び。
・夜空の星を眺めて、ぼーとする事。

最近のこどもは、与えられた物事で満足しちゃうんだよね。
・DSとかTVゲーム
・まんがやテレビ
・勉強
本来、こどもは何も与えなくても、勝手に自分で遊ぶを作り楽しむ事が好きだと思う。
(男の子はヒーローごっこ。女の子はおままごと)作られた物事は、ある一定の感動や面白さを受け取るけど、限界がある。

私は小中と全く勉強してこなかったが、大学に行けたし、大学院にも通える。そう考えれば、中学生までは、好きな事に没頭する事が将来役に立つと思う。

高山という町が私を作り上げたのだろう。
105_0555.jpg

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2007/08/02 01:49】 | 自分探しの日記 | TrackBack(0) | Comment(0) |
尾道灯まつり
尾道灯まつり
尾道灯まつりでは、30、000個のローソクの灯りで尾道駅や16ヶ寺の参道を明るく照らします。
p1030.jpg

尾道の子供たちがそれぞれ想いを込めて灯のケースを作ります。
・将来の夢
・俳句
・漢字一文字
・お父さんお母さんの似顔絵
p10301.jpg

尾道は映画のロケ地としても有名である。代表作は「転校生」や「時をかける少女」や「さびしんぼう」など。

尾道は海に面していて、さらに数100メートル山の方に登るだけで山の頂上に着く地形。このような地形は山陽はもとより日本全国では珍しい。
p10302.jpg

「国土が美しいとそこの文学は発達する。」
これは正しいと思う。平安時代に漢詩に習って和歌や万葉集を書き始め、現代でも俳句など景色を歌にこめる習慣は続く。これは日本中に豊かな風景と感情豊かな日本人がいるため。

しかし、大都市ではビルや単調な家が立ち並び、独特な風景が失いつつある。悲しいことである。
p10303.jpg

灯まつりは、観光向けにおこなわれるまつりと思っていたのですが、
実際は、市民のためのお祭り。
その例が、親子が一生懸命子供の作った灯のケースを探し、
写真を撮っているのをよく見かけた。

ボランティアの人たちが30、000個のローソクの火をつける。
ぞっとするような数である。

ローソクの淡い消えそうで消えない光を見て心に響いた。
しかし、その後、車や街灯の明かりはただまぶしいと感じるだけだった。
p10304.jpg

自然のよさを感じさせられる夜だった。
p10306.jpg

【2006/10/30 09:42】 | 日本旅行 | TrackBack(0) | Comment(0) |
Home* Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。